大変身した私鉄車両 熊本電鉄01形 元東京メトロ銀座線の地下鉄車両にサイドミラー

鉄道車両のなかには、当初の役割を終えたのち大改造され、見違えるほど“変身”したものがあります。そのひとつが、熊本電鉄の01形。元は東京メトロ銀座線の電車ですが、パンタグラフが設置されるなど、大きく変わっています。

元銀座線の車両を改造した熊本電鉄01形

 全国各地を走る私鉄の車両のうち、改造で大きく姿を変えたものを紹介します。

 熊本県内で2路線を運営する熊本電鉄は、開業から現在にいたるまで、保有車両のほとんどが他社から譲り受けたものです。5年ほど前までは、東急5000系電車、東京都交通局6000系電車、そして南海22000系電車が、それぞれ5000形電車、6000形電車、200形電車として活躍していました。

Large 200302 kuma 01

拡大画像

熊本電気鉄道に譲渡された元東京メトロ銀座線の01形電車(伊原 薫撮影)。

 このうち、5000形の置き換え用として2015(平成27)年に導入されたのが、東京メトロで廃車となった01系電車です。

 01系は車体がアルミ合金製で軽く、長さも16mと短いことから、5000形の後継車としてはピッタリでした。また、熊本電鉄の電化方式は01系が走っていた東京メトロ銀座線と同じ直流600Vのため、一般的な直流1500Vの車両を譲り受けた場合に必要な走行機器の載せ替えが必要ないことも、大きなメリットでした。

【写真】熊本で感じられる銀座線の名残

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント