羽田空港第2ターミナル国際線新施設 制限エリア内が「食の都」だった 名物や実力派も

オープンした羽田空港の第2ターミナルの国際線エリア、出発フロアには飲食店が少ない一方で、実は制限エリアにフードコートがあります。インパクト大の餃子や、ミシュラン掲載のお店も見られます。

出発フロアには飲食店が少ない新国際線エリア

 羽田空港第2ターミナルの国際線エリアが、2020年3月29日(日)にオープンしました。新エリアの出発フロアは、一面がガラス張りで、高い天井を持つ空間が特徴です。

 ところがこのエリア、第2ターミナル国内線エリアが徒歩圏内ではあるものの、出発フロアの最上階にカフェがある程度で、ほかのターミナルや空港で見られるような、飲食店がほぼ見られません。

Large 200401 t2food 01

拡大画像

羽田空港第2ターミナルの国際線施設 制限エリア内のフードコート(2020年3月29日、乗りものニュース編集部撮影)。

 では、お腹が空いた利用者は、国内線エリアへ向かうほかないのでしょうか。実は、第2ターミナルの新エリアには、保安検査と出国審査場を抜け、搭乗口にほど近い制限エリア内にフードコートがあり、そこでは和食や中華などのバラエティに富んだ店舗が並んでいます。どのようなお店が入っているのか、実際に見てきました。

寿司「又こい家」

 本店は東京、築地にあるお寿司屋さんです。

Large 200401 t2food 02

拡大画像

羽田空港第2ターミナル内の「又こい家」のお寿司(2020年3月29日、乗りものニュース編集部撮影)。

 こちらでは、昔ながらの江戸前文化を取り入れたというお寿司を提供するほか、お刺身、アルコール類も提供しています。

和食「Hitoshinaya(ひとしなや)」

 東京エアポートレストランが運営する、羽田空港第1ターミナルにあるレストランの分店です。

Large 200401 t2food 03

拡大画像

羽田空港第2ターミナル内の「Hitoshinaya」のどんぶり(2020年3月29日、乗りものニュース編集部撮影)。

 こちらは、低温調理の肉や魚と合わせたどんぶりや、出汁と具材に力を入れたという汁物や一品料理を取りそろえているといいます。また、外国ではなかなか食べられない「卵かけごはん」もあります。

【写真】羽田新エリアフードコートのご飯大集合&空港で食べる卵かけご飯

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント