「西武の飛び地路線」バスにも 新宿~池袋「宿20」 2大ターミナル結ぶ路線がなぜ?

西武鉄道は、ほかの自社路線と接続しない多摩川線を持つことで知られますが、そうした飛び地路線が西武バスの路線バスにも存在します。しかも、新宿駅と池袋駅という、西武が2大ターミナルを構えるエリアを結ぶ路線です。

西武バスで唯一生き残った都心部路線「宿20」

 池袋線、新宿線を中心に路線網を形成する西武鉄道は、ほかの自社路線との接続がない多摩川線(武蔵境~是政)を持つことでも知られますが、こうした「西武の飛び地路線」は路線バスにも存在します。しかも、西武線の2大ターミナルがある新宿と池袋を結ぶ路線です。

 この西武バス「宿20」系統は、新宿駅西口のバスターミナルから青梅街道を西へ、中野坂上から山手通りを北へ進み、JR中央線の東中野駅、西武新宿線の中井駅(いずれも都営大江戸線が並行)、JR山手線の目白駅を経て、山手線の内側に入りつつ、池袋駅東口までを結びます。終点のバス停は、都営バスなどはそのまま「池袋駅東口」としているところ、西武バスは路線図や案内放送などで「西武百貨店前」としています。

Large 200428 seibu 01

拡大画像

池袋の西武百貨店前を発車する西武バス「宿20」(2020年4月、中島洋平撮影)。

 運行を担当するのは、練馬区内の環八通り近くに位置する西武バス練馬営業所です。同社のおもな路線は、練馬駅よりも西側に形成されていますが、この宿20系統のみ、路線網から大きく東へ外れた区間を結んでいるのです。

 西武バスによると、「およそ1950年代から60年代は、都営バスや関東バスと共同運行というかたちで、宿20系統以外にも豊島園~新宿駅西口などの都心部路線がありました」といいます。宿20系統はそうしたなか、ただひとつ「生き残った」系統とのこと。「現在こそご利用は少ないものの、昔はそこそこ多かった」のだそうです。

【路線図】新宿~池袋を西側経由で結ぶ「宿20」のルート

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント