JR東日本 28日から新幹線・特急減便へ 2~5割程度を予定 新型コロナ影響

5月28日(木)から削減予定です。

Large 20508 jrelmtdexp 01
東北・北海道新幹線を走るE5系電車(2011年11月、恵 知仁撮影)。

 JR東日本は2020年5月8日(金)、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により低迷している鉄道の利用状況や社会情勢などを踏まえ、28日(木)から各新幹線や在来線特急の運転本数を減らすと発表しました。

 対象の新幹線、在来線特急は次のとおり。

●新幹線
・東北・北海道新幹線「はやぶさ」「はやて」「やまびこ」「なすの」
・秋田新幹線「こまち」
・山形新幹線「つばさ」
・上越新幹線「とき」「たにがわ」「Maxとき」「Maxたにがわ」
・北陸新幹線「かがやき」「はくたか」「あさま」

●在来線特急
・中央本線:「あずさ」「かいじ」「富士回遊」
・常磐線:「ひたち」「ときわ」

 JR東日本によると、首都圏の通勤・通学利用の多い列車を除き、2割から5割程度の本数が削減されます。具体的な列車などについては、5月中旬に発表される予定です。

【了】

【線区別一覧】JR東日本のGW利用者数、昨年と比べると…

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント