銀座の「住所未確定地」変わる? 動き出す「KK線の緑道化」 なぜそうなった?

銀座の高架道路「KK線」こと東京高速道路を廃止し、緑道化する計画が動き出します。実はKK線の場所は長年にわたり住所が決まっていません。その理由と、緑道化によりどう変わるのかを見ていきます。

役目を終える「KK線」 跡地利用が焦点に

 首都高ネットワークの一部にもなっている、銀座の外縁を通る高架道路「KK線」こと東京高速道路。これを廃止し、高架の緑道にするという計画が、動き出しそうです。東京都の小池百合子知事は2020年6月2日(火)の都議会本会議で、KK線の今後について「歩行者系機能の施設」として活用する方向で検討すると表明したほか、地元の中央区は5月に、この計画に関する検討調査業務の委託先を決定しました。

Large 200608 kk 01

拡大画像

左の高架道路がKK線こと東京高速道路。これを廃止して緑道にする計画がある(画像:kuremo/123RF)。

 この計画は2019年10月、中央区の山本泰人区長が小池都知事と会談した際に発表したものです。日本橋の上空をまたぐ首都高の地下化、それにともなうC1都心環状線のルート変更案が国や関係者で話し合われるなか、「銀座に地下の別線を建設して首都高C1と八重洲線をつなぎ、KK線は役目を終える」という案が前提となっています。

 なお、国の「首都高都心環状線の交通機能確保に関する検討会」も、この方向性で2020年3月に中間とりまとめを発表しています。

 中央区の環境政策課によると、アメリカ・ニューヨークの貨物線跡地を活用した「ハイライン」と呼ばれる高架緑道のイメージを下敷きにしたものだといい、小池都知事も今回、「自動車専用の道路としての役割にかわって、成長と成熟が両立した未来の東京にふさわしい新たな公共空間」として、この緑道化計画を改めて評価しました。

 ただ、この計画を「なぜ中央区が?」と思う人もいるかもしれません。KK線の場所は「何区でもない場所」、つまり住所未確定地だからです。

【画像】銀座のKK線「緑道化」後のイメージ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント