長~い「ダブル連結トラック」駐車場に課題 一般車が占有 高速道路で予約制導入へ

予約車以外が停めたら「移動してください」の声が……。

Large 200618 double 01
「ダブル連結トラック」のイメージ(画像:NEXCO中日本)。

 NEXCO中日本は2020年6月18日(木)、高速道路のSA・PAにおける「ダブル連結トラック」用駐車スペースに、予約システムを導入すると発表しました。

「ダブル連結トラック」は大型トラックにもう1台、同じ大きさの荷台を牽引するもので、全長は25mに及びます。2019年1月に特殊車両通行の許可基準が緩和されたことにより、現在では東北道から九州道までの高速道路で運行されており、NEXCO中日本では東名高速と新東名高速のSA・PAを中心に、その専用駐車スペースを整備してきました。

 しかし、ここにダブル連結トラック以外の車両が駐車してしまい、ダブル連結トラックが運行計画で休憩を予定していたSA・PAに駐車できず、輸送効率の低下や交通安全上の課題が生じているとのこと。

 このため、特にダブル連結トラックの運行数が多く、専用駐車マスの不適切利用が顕在化している東名、新東名、新名神において、ETC2.0を活用した予約システムを開発し、実証実験を行うそうです。

 実験の場所は、東名の足柄SA上り、新東名の静岡SA上下線、新名神の土山SA上下線で各1か所のほか、新東名の浜松いなさIC料金所付近にダブル連結トラック約30台分の路外駐車場を設け、ETC2.0による入退場管理を行う予約駐車システムを試行するとしています。それぞれ、2020年度末または2021年夏以降の実施予定です。

 なお、2020年3月時点において運行が許可されているダブル連結トラックの台数は、運行企業7社、計32台だそうです。

【了】

【画像】予約車以外が停めると「移動してください」 予約システムのイメージ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント