国内団体ツアー再始動「少人数」主流に バスも食事も変化 「Go To」に期待

新型コロナウイルスの影響で休止されていた大手旅行会社の国内団体ツアーが、7月から順次再開されます。旅行の内容はもちろん、バスや旅館などでの過ごし方も大きく変化しそうです。

「待ってました」の国内ツアー再開 やはり「近場」から?

 新型コロナウイルスや政府による緊急事態宣言の影響で休止されていた国内の団体ツアーが、2020年7月から順次再開されます。クラブツーリズムは6月18日(木)から、19名以下のツアーに特化した新商品「クラブツーリズム ニュースタイル」の募集を開始、「トラピックス」を展開する阪急交通社も、6月21日(日)から国内ツアーの募集を再開しました。

Large 200629 bustour 01
バスツアーのイメージ(画像:Gerold Grotelueschen/123RF)。

 阪急交通社によると、政府の緊急事態宣言が発出された4月7日から6月末まで、全ての団体ツアーを中止していたとのこと。7月からはまず、催行延期になっていたものや、中断していた「街道まちあるき」「四国お遍路ツアー」といった企画の再開から始まり、6月から新たに募集を開始したものについては、7月中旬以降に催行していくといいます。

 クラブツーリズムは独自の基準を設け、当面は小人数制の「ニュースタイル」に合致したもののみ販売し、コースも日帰りが中心、催行は7月中旬以降になるとのことです。

 国内ツアーの再開に、阪急交通社の顧客からは「待ってました」の声もあるとか。

「まずは近場、関東であれば関東圏内、関西であれば関西圏内など、比較的手軽な日帰りバスツアーなどを設定しています。一方で、『JR(新幹線)で行く東北ツアー』といったものも人気です」(阪急交通社)

 クラブツーリズムでも、たとえば「鎌倉の七福神をめぐるウォーキングツアー」など、近場の旅行商品が人気とのこと。バスツアーでは、山梨や南房総の旬の味覚を楽しむツアーなどが挙がるといい、これらも日帰りだそうです。

 阪急交通社のツアーはもともと高齢者の割合が多いものの、6月末現在のいま参加を申し込む人に関しては、年齢に偏りはないといいます。「現時点で応募される方は、もともと、地域を応援するためにいち早く消費をしようとお考えになるような方ではないでしょうか」と話します。

車内にバーカウンター、たった10席… 貸切バスの超進化を写真でチェック!

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント