東北の「謎の白い球体」結局何だったの? 考えうるその正体 他国の気球なら領空侵犯か

UFOか、はたまたどこぞの国の観測気球か……2020年6月、日本中が注目した東北地方の空に浮かぶ謎の白い飛行物体、あれは結局のところ何だったのでしょうか。これまでの情報などからその正体について考察します。

日本中が大注目 東北の空に謎の白い飛行物体出現!

 2020年6月16日(火)から17日(水)にかけ、宮城県を中心とする東北地方に、ほぼ静止状態で長時間空中に漂う所属不明の白い大型気球状物体が現れました。天気が良かったこともあり多くの人がこれを目撃、SNSや報道などにおいて話題を呼びました。

Large 200703 ufo 01
2020年6月16日から17日にかけ、東北地方で目撃された気球状飛行物体(画像:仙台市天文台)。

 この気球状飛行物体の所有者や飛行目的などの詳細は、約2週間経過した現時点でも何も明らかになっていません。しかし、巡航高度にある旅客機の機内から撮影された映像においても遥かに高い高度を飛行していたことが確認できるため、少なくとも成層圏(高度1万mから5万m)を飛行していたことが確実であり、このような高高度でありながら地上から肉眼で見えたことから、かなり大きなサイズであったと推測され、またソーラーパネルや稼働する2基のプロペラを有していたと見られています。

 成層圏のような高高度において気球ないし無人機を飛行させる場合、航空法が適用され、事前に国交省へ飛行計画を提出しなくてはなりませんが、この日そうした申請はなく、またこれだけ話題になったにもかかわらず名乗り出る者がいまだにいないことを考えるに、恐らく外国から飛来したものである可能性が高いと推測できます。

【写真】旧日本軍が実用化した史上初の大陸間兵器「風船爆弾」

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント