施工対象は2720両 東京メトロ全車内に抗菌コーティング 「安心してご利用いただきたい」

新型コロナウイルス感染拡大防止の一環で、鉄道車両は窓を開け換気しながら走行するなど、策が講じられています。東京メトロは今回、車両内に抗ウイルス・抗菌効果のあるコーティング剤を噴霧する様子を公開。どのようなものでしょうか。

全2720両 8月中旬を目安にコーティング完了予定

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、鉄道車両は窓を開け換気しながら走行するなど、様々な対策を実施しています。

 そのようななか東京メトロは、保有する全車両内に抗ウイルス・抗菌加工を施す方針を打ち出し、2020年7月9日(木)、綾瀬車両基地(東京都足立区)で作業の様子を報道公開しました。

Large 200709 kokin 01

拡大画像

抗ウイルス・抗菌効果のあるコーティング剤を、車両内に噴霧する様子。車両は千代田線を走る16000系電車(2020年7月9日、大藤碩哉撮影)。

 職員が10両編成の車両に乗り込むと、銀イオンなどが配合された抗ウイルス・抗菌効果のあるコーティング剤を噴霧。1両ずつ、空間全体に満遍なく処置していきます。東京メトロによると、つり革や手すり、壁面など、乗客が触れる箇所を重点的に作業するそうで、1編成当たりのコーティング剤の使用量は約4リットルといいます。

 同社が保有する車両数は2020年7月1日現在、全部で2720両です。9日時点ですでに208両の処置が済んでおり、今後8月中旬までを目安に、全車両で作業を実施するとしています。また、実施済みの車両にはドア横の壁面に、「抗ウイルス・抗菌処置済」と記載されたステッカーを、1両当たり8枚貼付するとのことです。

【写真】車両内にコーティング剤をプシュー!

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント