間に合わなかった空母「雲龍」 機動部隊再建へ旧海軍が期待を寄せた量産型空母の顛末

空母黎明期より試行錯誤を続けてきた旧日本海軍は、中型空母「蒼龍」「飛龍」でひとつの完成形を見ます。その量産型といえる空母「雲龍」ですが、激動する世界情勢は、その完成を待っていてはくれませんでした。

どんな空母をそろえるか 貧乏海軍の「究極の選択」

 大艦巨砲主義を標榜した旧日本海軍も、急速に進歩する航空機を軽視していたわけではありません。太平洋戦争開戦前夜、空母は重要な戦力とみなされるようになりましたが、飛行甲板が被弾すると戦闘不能になるという脆弱性をどう克服するかが問題でした。

 ひとつの解決策が、爆弾に耐えられるよう防御力を強化した重装甲大型空母を造ること。ふたつ目の解決策は、中型空母を多く建造してリスク分散を図る方法でした。具体的には「少数精鋭」の「大鳳」のような重装甲大型空母タイプか、「数は力」の「飛龍」を改良したような中型空母タイプか、という貧乏日本海軍にとっては究極の選択でした。

Large 200706 unryu 01

拡大画像

1944年7月16日、横須賀で撮影された公試に出港する「雲龍」。

 海軍内でも実際に部隊を動かす軍令部や航空本部は重装甲大型空母タイプ推し、建造運用コストなど行政や予算に責任を持つ軍務局や艦政本部は中型空母タイプ推しと、意見は別れていました。

 対米関係が風雲急を告げる1940(昭和15)年、軍令部で研究されていた第五次海軍軍備充実計画(マル五計画)では、最終的に重装甲大型空母タイプ2隻、中型空母タイプ1隻で両者は折り合いをつけます。翌年、太平洋戦争が始まると、ハワイ作戦(真珠湾攻撃)以降の戦果で空母機動部隊の重要性が認識されるようになり、マル五計画は1941(昭和17)年の軍令部改定案で重装甲大型空母タイプ7隻、中型空母タイプ5隻と大きく増勢され、重装甲空母を重視したことが分かります。

 しかし日本空母機動部隊の進撃は開戦後1年も続きません。1942(昭和17)年6月5日のミッドウェー海戦で、空母「赤城」「加賀」「蒼龍」「飛龍」の4艦が一挙に失われます。この衝撃は大きく、日本海軍は空母建造計画の大幅な見直しを迫られます。

 急遽、策定された改マル五計画では重装甲大型空母タイプ5隻、中型空母タイプ15隻となり大きく中型空母に比重が移されました。この15隻が後の「雲龍型」です。最終決裁の段階で、戦艦だった「信濃」の空母改装にリソースを配分するため、雲龍型は13隻に変更されています。

【写真】「雲龍」では手狭だった艦上攻撃機「流星」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 雲龍型の建造計画は、二番艦天城以降はミッドウェー海戦以後の改マル五計画によるものですが、一番艦の雲龍は改マル五計画ではなく、開戦前のマル急計画によるものだったと思います
    この為、改マル五計画の雲龍型13隻建造の計画には、一番艦の雲龍は含まれていないはずです

  2. 詮無いこととか言われても好きかどうか、空想妄想はこっちの勝手だしな。

  3. 雲龍型空母を扱われるのであれば、建造中断のやむなきに至った18年以降のドクトリン転換(水上戦力から基地航空隊へ主力を変化)並びに、20年序盤頃まで検討されていた神武作戦を取り上げられないのは何故でしょうか。

    前者は海軍軍備・戦法を一変させるような大変化ですし、後者は劣勢下にあっても機動部隊再建とその投入が現実的に考えられていた証左となります(事実、第二・第十航空艦隊は空母戦力への充当が考えられて錬成されている部分があります)。
    「必要なもの・タイミング」を考慮の上、なんとか活用を考えていた軌跡を無視して断ずるような記事はアンフェアかと思います。