まるでボンネットトラック オーストラリアのみに「生息」する6輪式ランドローバーって?

日本では外国製SUVのブランドのひとつして数えられるランドローバーですが、南半球では、日本製エンジンを積んで独自の進化を遂げています。そのシリーズのなかでも特異な6WD型を見てみます。

日本製ディーゼルエンジンを搭載したランドローバーの誕生

 2020年4月、ランドローバー「ディフェンダー110(5ドア)」の最新型の受注が始まりました。同車は1947(昭和22)年にイギリスで誕生した4輪駆動車で、翌年に最初のタイプである「シリーズI」が量産を開始して以降、モデルチェンジを繰り返しながら70年以上にわたって生産され続けています。

Large 200722 landlover 01

拡大画像

オーストラリア軍の特殊部隊が使用するランドローバー「ペレンティ」の6輪駆動型(画像:オーストラリア国防軍)。

 ランドローバーは、母国イギリス以外にも多くの国で軍用車両として用いられ、なかでもスペインやベルギー、オーストラリアなどではライセンス生産も行われました。

 オーストラリアでランドローバーの現地生産を請け負ったのはJRA(ジャガー・ローバー・オーストラリア)で、1983(昭和58)年に登場した先代「ランドローバー110」をもとにいくつかの改良を施した独自仕様でした。

 たとえばエンジン。本国生産のオリジナル車体では自社製の水冷直列5気筒ディーゼルでしたが、JRA製の車体では、いすゞ製の水冷直列4気筒ディーゼルが搭載され、シャシーも耐久性向上のために亜鉛メッキが施されていました。

 JRAでの生産は1980年代後半から1990年代後半までの約10年間でしたが、その間にさらなる独自改良型が誕生します。それが世にも珍しい、6輪型のランドローバーです。

【写真】異形のランドローバー兄弟車あれこれ

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント