バス業界 今度こそ再起なるか Go Toトラベル「東京追加」でどう変わる?

新型コロナウイルスの影響で落ち込んだバス需要、その再起への期待がかかっていた「Go Toトラベル」キャンペーンも、「東京除外」の終了でいよいよ本格化します。この間、事業者や自治体も試行錯誤を重ね、状況は変化しています。

「Go To」活かせなかった8月も繁盛していた高速バス路線も

 2020年7月に開始が急きょ前倒しされ、当初は混乱がみられた「Go Toトラベル」キャンペーン。しかし新型コロナウイルスの感染ペース鈍化を受け、10月出発分から、東京都民の旅行や東京を目的地とする旅行を対象外とする「東京除外」の終了や、現地で使える「地域共通クーポン」の利用開始も決まり、ようやく本格的に事業開始となりそうです。

 そして、需要が大きく落ち込んでいた高速バス業界も、試行錯誤を重ねて本キャンペーンを活用しようとしています。

 最近では医学的知見も蓄積され、マスクや消毒を徹底する限り、公共交通機関による移動そのものの感染リスクは小さいことが報道されています。「お出かけ需要」も、まずは大都市近郊の観光地から回復する動きがみられます。

Large 200910 busgoto 01

拡大画像

2020年8月は需要が大きく落ち込んだ高速バス。写真はイメージ(2020年8月、中島洋平撮影)。

 東京都、神奈川県各地から御殿場プレミアム・アウトレットへの高速バスは、一部が運休しているものの、運行中の便については、週末には続行便(2号車)もみられるようになりました。関西でも、西日本ジェイアールバスが、大阪や神戸から有馬温泉までの高速バス乗車券と、現地の入浴券をセットにした割引乗車券を設定し、需要回復に努めています。

 ただ、これら日帰りの個人旅行は、バス事業者への直接予約で、旅行会社を経由しないため、「Go Toトラベル」対象になりません。そこで、次は、宿泊付きのパッケージを充実させ、キャンペーンによるお得感を打ち出すことが望まれます。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント