74式戦車の砲塔にある大きな箱って? 実は人体に超危険なブツ もはや少数派の装備に

2020年現在、陸上自衛隊で現役の戦車は74式、90式、10式の3種類あります。このなかで、砲塔に大きな「箱」が設置されているのが74式戦車です。巨大な箱はどのような役割があるのでしょうか。

火傷するほど強力な照射が可能

 陸上自衛隊の現用戦車のなかで最も古い74式戦車には、90式戦車や10式戦車にはない装備が多々見受けられます。それらのなかで最も目立つのは、砲塔前面、戦車砲の脇に設置された大きな「箱」ではないでしょうか。

 しかも、74式戦車の映像や写真をよく見ると、車体によって、この箱を装備するものと装備しないものの両方が存在することがわかります。箱の役割について、自衛隊に詳しい人に聞いてみました。

Large 201030 light 01

拡大画像

74式戦車の砲塔向かって右側にある大きな箱状のものが投光器(乗りものニュース編集部撮影)。

 この箱は「投光器」すなわちライトとのこと。例年、陸上自衛隊が実施している富士総合火力演習では、夜間演習において74式戦車のライトで的を照らして射撃する様子が披露されているそうです。

 また、この投光器は内部に赤外線フィルターがあり、白色光と赤外線の切り替えも可能だといいます。

 とはいえ、数km先の目標を照らせるほどなので、その光量は凄まじく、すぐ近くで光を浴びると露出部の肌が火傷してしまうとのこと。なお、戦車部隊では教育の際に、白色投光の実施中は絶対に投光部を直視しないよう厳重に指導されるそうです。

【写真】電源はドコから取ってる? 74式戦車の投光器のコネクタ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 一度総火演の夜間演習を見る機会があったが、投光すると真夏の真昼が出現する。
    操縦士も暑いんじゃないかな?w
    某異世界出征ファンタジーで夜間に魔物混成の敵軍と交戦する状況があったが、74式のライトで照らしてやればそれだけで恐慌をきたすと思った。

  2. 確か雲仙普賢岳だったと思いますが、火砕流を警戒するにあたってこの投光器を装備している74式が派遣されたんでしたっけ?