空母「クイーン・エリザベス」来航か イギリスが空母打撃群を極東へ送りこむワケ

太古の昔より軍事力と外交は密接な関係にあるものです。その外交の舞台で古より様々な手腕を振るってきたイギリスは、軍事力についても「使い方」というものを熟知しているようです。空母打撃群の西太平洋派遣、その背景とは。

イギリス空母が日本近海含む西太平洋へ展開

 共同通信は12月5日(土)、複数の日本政府関係者の話として、イギリス海軍が2021年初頭に、空母「クイーン・エリザベス」を中核とする空母打撃群を、日本の南西諸島周辺を含む西太平洋に長期展開させると報じました。

Large 201221 qe 01

拡大画像

イギリス海軍のクイーン・エリザベス級航空母艦1番艦「クイーン・エリザベス」。同海軍史上最大の艦艇(画像:イギリス国防省)。

 2017年12月7日に就役した「クイーン・エリザベス」は全長284m、満載排水量6万7699トン。艦首のスキージャンプ傾斜を使用して艦載戦闘機のF-35Bを発艦させるSTOVL(Short Take Off and Vertical Landing、短距離離陸垂直着陸)空母で、30機以上のF-35Bを搭載する能力を備えています。

 空母は通常、単独で作戦行動をすることはなく、敵の航空機や艦船、潜水艦から空母を守る水上戦闘艦、敵の潜水艦から空母を守る潜水艦、作戦行動に必要な弾薬などの物資を搭載する補給艦、燃料を補給するタンカーなどからなる「空母打撃群」として行動します。

 イギリス軍は2020年10月にNATO(北大西洋条約機構)軍との合同演習「ジョイント・ウォーリア」で、「クイーン・エリザベス」と45型ミサイル駆逐艦の「ダイヤモンド」「ディフェンダー」、23型フリゲートの「ケント」「リッチモンド」、補給艦「フォート・ビクトリア」、タイド級タンカー1隻、公にはされていませんがアスチュート級またはトラファルガー級潜水艦1隻の計8隻に、アメリカ海軍のミサイル駆逐艦「サリバンズ」を加えた全9隻からなる空母打撃群を編成しています。

「ジョイント・ウォーリア」演習は、先述の2021年初頭に開始されると報じられた、西太平洋への長期展開のリハーサルと位置づけられており、おそらくイギリス海軍は、「ジョイント・ウォーリア」と同程度の規模の空母打撃群を、西太平洋に展開させるのではないかと筆者(竹内 修:軍事ジャーナリスト)は思います。

【写真】歴史的瞬間 「QE」のキモ「スキージャンプ台」と飛び出すF-35B

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. イージス艦「サリバンズ」とありますが、正式な艦名は「ザ・サリバンズ(ないしはザ・サリヴァンズ)」。
    由来は、第二次ソロモン海戦中撃沈された巡洋艦に乗艦して戦死したサリヴァン家の5兄弟に因むため(故に複数形)

  2. さすがに主目的は香港問題へのアクションしてますよ!アピールでしょ
    副次的に打撃軍の訓練や空母保有願望国への友好寄港などなど

    このサイトの編集者はペラッペラな記事に対して
    リライトしてもらわないのかなぁ??