空自 浜松広報館「エアーパーク」の展示が大幅入れ替え 貴重な機体どうなる? ルーキーも

航空自衛隊の広報展示施設である浜松広報館、いわゆるエアーパーク浜松が2021年に大規模リニューアルするとのこと。リニューアルの内容と、その前に見ておくべきポイントをピックアップしました。

「ファントムII」がやってくる! T-4「ブルーインパルス」も

 航空自衛隊の広報施設として静岡県浜松市にある「航空自衛隊浜松広報館」、愛称「エアーパーク」が、2021年3月にリニューアルする予定です。

Large 210219 hamamatsu 01

拡大画像

航空自衛隊浜松広報館「エアーパーク」の建物正面に飛行状態で展示されている初代「ブルーインパルス」塗装のF-86F「セイバー」戦闘機(リタイ屋の梅撮影)。

「エアーパーク」は1999(平成11)年4月、航空自衛隊浜松基地の一角にオープンしました。自衛隊の広報施設と聞くと、イメージ的に硬い印象を抱くかもいるかもしれませんが、「エアーパーク」は“見て体験して楽しむ航空自衛隊のテーマパーク”と謳っているだけあって、シミュレーターや映像シアターまで備えた、充実の広報施設です。

 展示も、初の国産超音速戦闘機F-1、ブルーインパルスの初代F-86F「セイバー」と二代目T-2、国産戦闘機XF-2のモックアップ(実物大模型)、グアムから帰ってきた零式艦上戦闘機、旧政府専用機ボーイング747の貴賓室など、貴重なものばかり。

 しかも、その多くが屋内展示なので、天気が悪くても安心して楽しむことができるほか、国の施設なので入館は無料です。加えてすぐ隣には浜松基地の滑走路があるため、運が良ければT-4練習機やE-767早期警戒管制機のフライトが見られることも。

 ヒコーキ好きには幸せな空間といえる「エアーパーク」が、さらにパワーアップすべくリニューアルするというのですから、興味は尽きません。

 リニューアル最大の目玉はF-4EJ改「ファントムII」戦闘機の新加入。航空自衛隊の戦闘機のなかでは屈指の知名度と人気を誇る同機が展示機として加わるのです。しかも機体は、「ファントムII」の最終生産機440号機(通称シシマル)。これは、日本のライセンス生産機の最終号機というだけではなく、世界の「ファントムII」戦闘機のファイナル生産機でもあります。

 ほかにも、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」で使用され、2020年3月に引退したT-4練習機も展示される予定とのこと。これら新たな展示機を迎え入れるために、レイアウトも戦闘機と「ブルーインパルス」を中心とした配置に一新されるようです。

【ギャラリー】飛行機好きの聖地「エアーパーク」の展示機たち

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 昨今の状況が続けば、赤字国債で買ったブルーインパルスなどを展示している場合ではない。

  2. T-28やバンパイヤ、T-33、T-1それにもちろんF-86Fなど、ロートルの航空ファンには懐かしいものばかりです。