連節バス 地下鉄車両 市電保存館など見学 「横浜市営交通100周年探検ツアー」3回開催

貸切車両も運行されます。

集合は桜木町、解散は中山

Large 210412 yokosh 01

拡大画像

地下鉄ブルーラインの3000S形電車(2013年11月、大藤碩哉撮影)。

 横浜市交通局が2021年4月から5月にかけて計3回、「横浜市営交通100周年探検ツアー」を開催します。これは、4月1日に横浜市営交通が発足100周年を迎えたことを記念し行われるものです。

 ツアーの内容は、滝頭営業所(横浜市磯子区)での連節バス「ベイサイドブルー」の見学や市電保存館(同)の開館前入館に加え、中山駅(同・緑区)から地下鉄グリーンラインの貸切車両に乗車し、川和車両基地(同・都筑区)を見学するもの。日時など詳細は以下の通りです。

○日付
4月18日(日)・5月4日(火・祝)・5月30日(日)

○行程
7:50桜木町駅集合→滝頭営業所内(車両工場)見学→市電保存館見学→中山駅から貸切車両に乗車→川和車両基地見学→13:00ごろ中山駅で解散

 なお川和車両基地では、車両洗浄作業や電車の運転席などを見学できます。

 参加費は6900円です。申し込みは、横浜市交通局協力会旅行センターのウェブサイトから、または電話で受け付けています。

【了】

【写真】車両基地へ向かうグリーンラインの貸切車両

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント