装甲車も「乗り心地重視」の時代へ なぜ世界の軍隊は歩兵の居住性を気にしだしたのか

イギリスの新型装甲車の乗り心地が酷すぎるということで、大きな問題になっています。昔の戦車や装甲車などのほうが居住性はよほど酷そうですが、この新型装甲車が大問題となっているのには、現代ならではの納得な理由がありました。

イギリス陸軍期待の新型装甲車の評判は

「乗り心地は悪すぎるし、うるさ過ぎる」「これでは訓練にもならない」――散々な言われようですが、これはイギリス陸軍期待の最新型装甲車である、ゼネラル・ダイナミクスUK(GDUK)製「エイジャックス」の、ユーザーレビューの一部です。イギリスのデイリーテレグラフ紙が最初にリークしました。

Large 210615 arm 01

拡大画像

イギリス陸軍が公表したトライアル中の「エイジャックス」装甲車。カモフラージュネットで覆われてシルエットが分かりにくい(画像:イギリス国防省)。

 2021年6月現在、試験中にある「エイジャックス」ですが、騒音対策のため速度は32km/h以下、1回の走行時間は90分以内、乗員はイヤープロテクター必携、下車後は聴力検査を行っている状態だといいます。イギリス国防省は「トライアル中の新装備にある不具合のひとつであり、メーカーと協力して適切な対策を行う」と発表していますが、具体的な原因や対策は明らかにされていません。

 イギリスは、言わずと知れた戦車の発明国です。しかしその製造は2009(平成21)年に止められています。「エイジャックス」は久しぶりの新型装甲車ではありますが、イギリス国産ではなく輸入車で、スペインとオーストリアが共同開発した「アスコッド」装甲車のイギリス向けバージョンであり、イギリス国内で製造されます。

 また、2017年からイギリス軍へ引き渡される予定でしたが、開発スケジュールが大幅に遅延しており、イギリス議会庶民院でも問題にされています。2009年以降、散逸してしまった戦車(装甲車)製造ノウハウの再獲得は困難で、国産はおろか輸入車の自国仕様への改造にすら苦労しているようです。

Large 210615 arm 02

拡大画像

「エイジャックス」装甲車。側面のモジュラー装甲の厚さが目立つ(画像:イギリス国防省)。

「エイジャックス」はイギリス陸軍の機甲戦力近代化プログラムにおける「目玉」装備で、ストライク旅団(Deep Recce Strike Brigade、深部偵察攻撃旅団)向けの偵察装甲車に決まりました。今年中には実戦部隊でも使えるよう初期運用能力獲得を目指し、王立装甲軍団(Royal Armoured Corps)の王室騎兵連隊(Household Cavalry Regiment)にてトライアルされてきたものの、聴覚障害や関節炎を起こすような乗り心地に連隊が音を上げてしまい、トライアルは一時中止される有様だったようです。

 期待の新型車なのに先の思いやられる話です。戦車や装甲車は従来、狭くてある程度、乗り心地が悪くて当たり前のものでしたが、現代では大問題になります。乗車する歩兵(機械化歩兵)の任務が複雑化し、乗り心地が下車後の戦闘力に直接、影響するからです。

【写真】いろいろ落ちそうで不安な「ブラッドレー」歩兵戦闘車

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 最後の段落で急に頭悪くなるやん