「エスカレーター歩くな」まもなく条例に 実際どう乗るか聞いた 片側空けは「同調圧力」?

本来は立ち止まって利用する乗りもの

 一方、1人分の幅のエスカレーターでも「歩いて」利用する人の意見は、「ほかの人が歩いているため、立ち止まると邪魔になると思うから」が62.1%、「急いでいるから」が37.9%に。前出の幅が広いエスカレーターと同じ選択肢の質問ですが、回答の割合が逆転しました。「立ち止まって」と同様、1人分の幅しかないためどうしても周囲の状況に合わせざるを得ないケースが発生しているようです。

 そのほかの意見には、「急ぐ人がいるかもしれないから」(55~59歳、女性)や「急いでいる人が後ろから来ることが想定されるから」(45~49歳、男性)といったものも寄せられました。

 なお「立ち止まって」「歩いて」の双方に見られた自由回答として、「後ろの人を見ながら、止まるか歩くかはその都度判断する」(50~54歳、男性)や「前の人にあわせて乗る」(70歳~、男性)といった、状況に応じて変えるという意見が7件寄せられました。ちなみに、うち5人は最初の質問で「片側空け」を選択しています。

Large 210810 eska 02
「みんなで手すりにつかまろう」キャンペーンのポスター例(2017年11月、乗りものニュース編集部撮影)。

 一般社団法人 日本エレベーター協会によると、エスカレーターの安全基準は歩くことを想定しておらず、ハンドレールをつかんで立ち止まることを前提にしているといいます。「歩く人と止まる人が混在すると危険であり、事実、歩行による接触転倒事故はしばしば発生しています。また緊急停止した場合、歩行のためハンドレールから手が離れていれば転落しかねません」と話します。

■アンケート実施概要
・調査期間:2021年9月3日17時から9月6日14時まで
・調査方法:Questantのシステムを利用して調査
・対象:「乗りものニュース」のSNS(Twitter、Facebook)のフォロワーなど
・有効回答数:777

【了】

【階段でもいいような…】世界一短いエスカレーター

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

11件のコメント

  1. 立ち止まりたい人と歩きたい人が互いに相手の存在を否定せず綺麗に棲みわけをするのは「日本の美風」であり海外から来た来報客もこれを褒める方が多いと聞きます。
    国民の70パーセントが率先して行っているこの美風を敢えてぶっ壊そうとする勢力が立法秘湯で主導権を築きつつあるある現状に恐怖と旋律を覚えます。
    確かに最近、国会でも「本当に日本人なのかう疑わしい」と噂される議員が増えていますものねえ。

    • 片側空けを美風と考えること自体が大いなる錯誤です。
      乗換駅などではいつも左側にエスカレーター待ちの行列があり、一方右側はガラガラ。
      右側を歩く人と私の手荷物がぶつかることもしょっちゅう。
      エスカレーターを歩く人はひとの迷惑を考えない傲慢な人です。

  2. なんで最近今になって風潮を壊そうとするのかよくわからない。
    今まで普通にやってきたし、どちらの声にも応えるのが良かったのに

    • 危ないから止めようって話なのに今までやってきたからいいってのは違うでしょ。

  3. 怪我や身体が悪くてどちらか片側に掴まらないと上手く立てない人は現実にいて、なおかつすべての駅にエレベーターがあるわけでもない。
    核家族化の進行によって、家族のサポートも残念ながら行き届かなくなっていて、体の悪い方が単身出かけざるを得ない状況は多発している。
    それならば、真に誰もが気兼ねなく交通するために、エスカレーターでは歩かず両側に立つ空気を作っていくべきでしょう。仮にいまそうでないとしても。

    棲み分けがどうだ美風がなんだと言いますが、「過去そうだったから」と思考停止していま現に困りごとを抱える人を萎縮させ孤独にすることこそ、気遣いと思いやり・向こう三軒両隣・明日は我が身という日本人の培ってきた善き心に反する身勝手・醜悪な態度であると思います。
    もちろん、思いやりなど知ったことか、俺は絶対に体を壊さないからそんな弱い奴の事など考えない、メーカーが何と言おうが利用者は無条件に正義だ、という方がいなくなることはないでしょう。
    しかし、本当にそれは日本人として誇れる善き精神でしょうか。
    本当に、心から、そう思っているのでしょうか。
    もしそうなら、こんなに悲しいことはないと私は思います。

  4. 左に寄って(地域によっては右)立ちましょうという呼びかけが始まったのは20年くらい前だったと思う。
    当初は「気配り」だったのが、いつの間にか「追越車(者)線を確保しなければならない」に変わってしまった。
    すると、安全な速度を考えない阿呆が接触や転倒事故を起こすようになり、「歩かないように」の呼びかけが始まったが、どうすればよいか自分の頭で考えない、判断できない奴が多いから公権力発動に至ったのだろう。
    昨今のコロナ騒動にしても、指示待ちに同調圧力という国民性がよく表れている事例と言えよう。

  5. (たるんだ)鉄道会社が定時に運行しないで遅れている癖に、
    エスカレーターは歩くな…と言えるとはいい立場だねぇ…と思うことが多々ある。
    しかも運転士も回復運転しようとしないし。

  6. 遅いから歩きます。海外みたいに早ければあるきません。

  7. 最近、エスカレーターだらけになって不便だ。バリアフリーならエレベーターを整備すべきだし、待たされるばかりのエスカレーターより階段が便利。

  8. 複数本同じ向きに進むエスカレーターがあるなら片方は両側とも立ち止まりレーン、それ以外を歩行を認めるレーンとして段階的に導入すればすぐ定着するはずなのになんでやらないんでしょう?

  9. だって立ち止まると暴行されるんだもん

    おっさん平気で頭叩いてくるよ