関西・中部圏 全通まで「あとちょっとな道路」5選 壮大な計画も気づけば大部分開通済み

あと少し、この部分がつながれば便利になるのに……。――関西・中部圏には、そのような建設中の道路が多数存在します。今回はそんな「あとちょっとな道路」5路線の進捗を見てみます。

じわじわと延伸 いつの間にか「全通寸前」な道路

 2021年8月、中部横断道の下部温泉早川IC~南部IC間がつながり、静岡~山梨区間が全通しました。「あとちょっと」と思われていた区間が難工事で遅れていただけに、今回の開通はSNSなどでも大きな話題になりました。

 以前、東京圏でこうした「あとちょっとな」歯抜け区間のある道路を紹介しましたが、関西・中部圏にもこうした道路はいくつも存在します。その中から5つ、進捗とともに紹介します。

新名神高速道路(2023年度全通見通し)

 名古屋~神戸間で名神高速道路の新線として整備される新名神高速道路は、全通に向けて2区間を残すのみとなっています。

 その最後の未開通区間は大津JCT(滋賀県大津市)~城陽JCT・IC(京都府城陽市)間の約25kmおよび八幡京田辺JCT・IC(京都府八幡市)~高槻JCT(大阪府高槻市)間の約10kmです。名神が大津市や京都市中心部へ急カーブや急坂で迂回するのに対し、新名神は京都府の宇治田原町を経由してまっすぐ高槻方面へ向かうため、所要時間も短縮が期待されます。

Large 210920 kansai 01

拡大画像

工事が進む新名神。写真は八幡京田辺JCT・IC~高槻JCT間の淀川橋(仮称)付近(画像:NEXCO西日本)。

 気になる進捗ですが、用地取得はほぼ100%完了。2区間はどちらも2023年度に開通予定。橋脚設置工事やトンネル工事などが同時進行中です。全通後は大津~大阪のルートが京滋バイパスを含めて3本になり、中京~近畿間のボトルネックがさらに解消されます。

京奈和自動車道

 京奈和自動車道は京都府~奈良県~和歌山県を連絡する近畿圏の広域的な外郭環状道路として整備が進められ、「京奈北道路」「京奈道路」「大和北道路」「大和御所道路」「五條道路」「橋本道路」「紀北東道路」「紀北西道路」の8つの道路で構成された高速道路です。事業中である城陽JCT・IC(京都府城陽市)~和歌山IC(和歌山県和歌山市)間のうち、大部分がすでに開通しています。

 残るは「大和北道路」の奈良北IC(仮称、奈良県奈良市)~郡山下ツ道JCT(大和郡山市)間の12.4km、および「大和御所道路」の橿原北IC(橿原市)~橿原高田IC間(同)の4.4kmを残すのみとなっています。2区間とも工事が進行中ですが、開通見通しはまだ発表されていません。

 次の開通予定として公表されているのは、「大和御所道路」の橿原JCT大阪方面接続ランプ(仮称、2026年春開通予定)です。国道24号線「大和高田バイパス」と「京奈和道」を直結するもので、開通後は交差部周辺の下道の慢性的な渋滞の緩和が期待されています。

【いつの間にか全通近し 5つの道路のルートと進捗を見る】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 枚方って人口約40万都市かつ京都府にはない、奈良県では中部の橿原市しかない高度救命救急センター(関西医科大学附属病院高度救命救急センター)に名神のインター作ればインター降りて10分以内に病院到着するのに作らないなんてどういう了見なんだろう……と思いながら工事の状況を見る出勤日の日々……。