京王バス新路線「渋谷発“新宿経由”新橋行き」に乗車 まさに東京観光な不思議ルート

経由地は往復で異なる なぜこのようなルートに?

 12時5分、利用客を15人ほど乗せた渋谷駅行きの「052系統」は、停留所をまっすぐ発進し、ゆりかもめの高架下を潜り抜けながら次の「四谷一丁目」をアナウンスします。のっけから渋谷駅発と違うコースを歩み始めるのです。復路では大手町グランキューブに立ち寄らなければ、皇居にも向かいません。代わりに虎ノ門、溜池といったエリアを走っていきます。

 赤坂御所の横を通り過ぎたところで四ツ谷駅が見え、往路と同じコースに戻り、12時22分、四谷一丁目停留所に到着しました。ちょうど、四谷一丁目~大手町~新橋~四谷一丁目と一周してきたといえます。ただし、この先も微妙にルートは違っており、往路が新宿御苑沿いの「新宿御苑」停留所を経由するのに対し、復路はそこから少し北に位置する新宿通り沿いの「東京メトロ新宿御苑前駅」停留所を経由します。

Large 211005 keiobus 02

拡大画像

渋谷駅発は「新宿御苑」停留所だが、新橋駅発は若干離れた「東京メトロ新宿御苑前駅」停留所に止まる(2021年10月2日、蜂谷あす美撮影)。

 12時27分、東京メトロ新宿御苑前駅停留所を発車し、12時36分、新宿駅西口26番乗り場に到着しました。ここでも、往路とは少し離れたところに停車です。

 最後は往路の景色をおさらいするような行程で、13時10分、渋谷駅に到着。こうして渋谷→新橋17km、新橋→渋谷13.8kmの「052系統」の旅は終了です。所要時間はおよそ2時間半、往復運賃は420円でした。反転した「の」の字のような形で都心を走るのは、京王グループが持つバス停どうしを最短でつないだルートだからだそうです。

「路線バス」の利用目的としては逸脱していますが、気軽な東京観光におススメの路線だと感じました。またルートには代々木公園や新宿中央公園、新宿御苑、それに皇居など緑も多く、ちょっとした森林浴気分にも浸れます。

 余談ですが、新橋駅停留所近くには公衆トイレがあるため、渋滞などによる遅延がなければ、お手洗い休憩も確保できますのでご安心を。

【了】

【片道210円で東京観光♪】「052系統」の路線図&沿線風景

Writer: 蜂谷あす美(旅の文筆家)

1988年、福井県出身。慶應義塾大学商学部卒業。出版社勤務を経て現在に至る。2015年1月にJR全線完乗。鉄道と旅と牛乳を中心とした随筆、紀行文で活躍。神奈川県在住。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント