『オホーツクに消ゆ』聖地めぐり ファンミーティングツアー開催 「流氷物語号」乗車も

ゲームの中の人、登場!

行程は3日間と2日間

 東北海道トラベルが2022年2月18日(金)および翌19日(土)から、それぞれ3日間と2日間の行程で、「北海道連鎖殺人『オホーツクに消ゆ』聖地めぐり ファンミーティングツアー」を開催します。『オホーツクに消ゆ』は、1980(昭和55)年代に販売されたアドベンチャーゲーム。網走など北海道のオホーツク海沿岸が舞台です。

 ツアーでは阿寒湖や摩周湖など、東北海道に点在するゲームの聖地をめぐり、宿泊先のホテルでファンミーティングを行います。行程の詳細は以下の通りです。

Large 220118 belluna 01

拡大画像

観光列車「流氷物語号」(画像:東北海道トラベル)。

○3日間
2/18:網走駅→女満別空港→美幌峠→屈斜路湖→川湯温泉→硫黄山→阿寒湖畔→阿寒湖畔温泉(ホテル)
2/19:ホテル→摩周湖→斜里→知床斜里駅→【流氷物語号】→浜小清水駅→道の駅「斜里」→知床ウトロ→知床ウトロ温泉(ホテル)
2/20:ホテル→天に続く道→北浜駅→網走港→能取岬→網走刑務所→網走駅→女満別空港

○2日間
2/19:網走駅→【流氷物語号】→浜小清水駅→道の駅「はなやか小清水」→道の駅「斜里」→知床ウトロ→知床ウトロ温泉(ホテル)
2/20:ホテル→天に続く道→北浜駅→網走港→能取岬→網走刑務所→網走駅→女満別空港

 ファンミーティングには、ゲストとして鉄道ライターの杉山淳一さん、ゲームクリエイターの樋口浩路さん、サウンド担当の上野利幸さん、フリーライターの増田 厚さんらが参加します。

 旅行代金は、2日間が3万7800円から、3日間が5万1800円から(いずれも4人1部屋の場合の1人分)。バス料金や各施設の入場料などが含まれます。募集人員は各回35人、最少催行人員は15人です。全行程に添乗員が同行します。参加申し込みは、東北海道トラベルのウェブサイトで受付中です。

 ちなみに「流氷物語号」とは、JR釧網本線の網走~知床斜里間で2017年から冬季に運行されている観光列車です。

【了】

※誤字を修正しました(1月19日12時10分)。

【写真】ゲーム画面と化した?網走刑務所

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント