驚きの175隻!「史上最も量産された艦隊駆逐艦」米フレッチャー級 “質より量”じゃないからスゴイ!

民主主義の兵器工場として、戦車や航空機、輸送船、魚雷艇に至るまで、あらゆる兵器を大量生産していた第2次大戦中のアメリカ。それは駆逐艦も同様で「史上最も造られた艦隊駆逐艦」というのもアメリカ製でした。

質と量の双方兼ね備えたアメリカ工業力の象徴的存在

 第2次世界大戦中にアメリカが建造したフレッチャー級駆逐艦は、建造計画数188隻、実際に就役した数175隻という、途方もない数が造られた軍艦です。この数は世界で最も量産された艦隊駆逐艦といわれるほどで、まさにアメリカの工業力の凄まじさを体現するようなクラスといえますが、ではフレッチャー級とは、どのようなフネだったのか振り返ってみましょう。

Large 220120 fletcher 01

拡大画像

フレッチャー級駆逐艦の5番艦「ニコラス」(画像:アメリカ海軍)。

 フレッチャー級の誕生をひも解くには、第2次世界大戦の前に起きた第1次世界大戦から見ていく必要があります。この大戦に途中から参戦したアメリカは、国内の巨大な工業力をフルに発揮して「フラッシュ・デッカー」と総称される平甲板型の駆逐艦を3クラス(級)、計273隻も建造しました。

 こうして見てみると、この時すでに性能と隻数の両方が要求される「艦隊のワークホース」といえる艦隊駆逐艦の大量生産の礎をアメリカは作り上げていたといえるでしょう。この「フラッシュ・デッカー」が、アメリカ海軍における駆逐艦の基礎を築いたのです。

 ところが、この量産が後々、問題の原因となりました。あまりにも大量に造ったので、平時になると、更新用となるべき新型艦の建造を抑制することになってしまいます。それに輪をかけたのが、ワシントンとロンドンの両海軍軍縮条約でした。これらの結果、アメリカ海軍における駆逐艦の研究開発は、やや停滞することとなってしまいました。

【海自護衛艦「ありあけ」も】戦後、近代化改装を受けたフレッチャー級の各艦

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント