京奈和道の未開通区間にJR新駅 "奈良IC"と一体整備めざす

高架化も進行中です。

周遊性向上を目指す

Large 220217 pass 01

拡大画像

JR関西本線(大和路線)で使われる221系電車(画像:写真AC)。

 奈良県は2022年度予算案の中で、JR関西本線(大和路線)の奈良~郡山間に建設予定の新駅について、周辺の整備とあわせ40億7500万円を計上しました。

 同区間では2021年9月より高架化工事も進行。4か所の踏切を除却するとし、地域分断の解消や交通の安全性向上を図るとしています。

 周辺整備には、京奈和自動車道の新インターチェンジ建設も含まれます。新駅の至近に奈良IC(仮称)を設置し、それらの結節による周遊性向上を計画しています。

【了】

【地図】新駅と新ICの設置場所

最新記事

コメント