東急相鉄メトロ都交東武西武埼玉 「新横浜線」開業へ7社局の電車ズラリ 行先「SH01」って?

相鉄と東急の「新横浜線」が2023年3月に開通し、2社のほか東京メトロなど最大16路線にまたがる直通ネットワークが完成します。開通まで1年を迎えた日、関連する7社局の車両が一堂に会しました。

直通まであと1年

 東急東横線・目黒線における運行の拠点である元住吉検車区(川崎市中原区)。ここへ2022年3月31日(木)、東急電鉄、相模鉄道、東京メトロ、東京都交通局、東武鉄道、西武鉄道、埼玉高速鉄道の計7社局の車両が一堂に会しました。

 顔ぶれは、東急3020系、相鉄20000系、東京メトロ9000系、都営6500形、東武50070型、西武40000系、埼玉高速鉄道2000系の各電車です。これらの車両は翌2023年3月から、日常的に顔をあわせることとなります。

Large 220331 com7ty 01

拡大画像

東急電鉄の元住吉検車区に集った7社局の車両(2022年3月31日、大藤碩哉撮影)。

 というのも、同月には相鉄新横浜線と東急新横浜線(羽沢横浜国大~新横浜~日吉)が新規に開業し、相鉄線、東急目黒線・東横線、東京メトロ南北線・副都心線、埼玉高速鉄道線、都営三田線、東武東上線が相互直通運転を行うからです。西武のみ相鉄線へは乗り入れません。みなとみらい線など既存の直通ネットワークとあわせると、最大で16路線がつながることになります。

 各社局とも、どのような列車を仕立てるかは現在検討中とのこと。ただ、相鉄線内で川越市(東武東上線)行きや浦和美園(埼玉高速線)行き、あるいは東武東上線や都営三田線といったネットワークの北部の路線内で、相鉄線直通の海老名行きや湘南台行き、新横浜行きといった、新たな行先表示が見られるかもしれません。

 なお東急3020系と相鉄20000系は、行先表示に「急行 新横浜」を表示し、うち東急3020系はさらに駅ナンバリングの記号・番号として「SH01」と表示していました。ただし相鉄は、新横浜駅のナンバリングについては未定としています。

 そしてこの3020系(3123編成)ですが、8両編成を組み、正面から見て前面ガラス右上に「8CARS」のステッカーを掲出していました。来年の直通運転に先んじて、これまで6両編成しか走っていなかった東急目黒線~東京メトロ南北線・埼玉高速線・都営三田線の系統に、この春から8両編成が走り出します。

【了】

【写真】ついに表示「SH01 急行」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント