京王、警備員に対しウェアラブルカメラ装着 ライナー列車や主要駅で 警戒強化

5月から始まります。

警戒添乗や巡回をさらに強化

Large 220421 abareru 01

拡大画像

有料座席指定列車「京王ライナー」のほか、主要駅などで行われる(2021年10月、大藤碩哉撮影)。

 京王電鉄は2022年5月1日(日)から、列車内や駅構内を巡回する警備員に対しウェアラブルカメラを装着します。

 これは警備会社「ALSOK」と協同で行うもの。テロ・暴漢への抑止力を向上させるとともに、非常事態発生時の早期情報把握、利用客の被害回避・軽減に取り組むとしています。

 実施エリアは、有料座席指定列車「京王ライナー」運行時の車内とライナー停車駅のほか、新宿、渋谷、笹塚、明大前、桜上水、千歳烏山、高幡不動、下北沢、富士見ヶ丘、久我山、若葉台の各駅です。なお、撮影したデータは警備目的以外には使用せず、また個人を特定することはありません。

 警備員を運行中の列車に乗車させ、警戒強化を図る取り組みは、京成電鉄の特急「スカイライナー」などでも始まっています。

【了】

【写真】警備員が装着するウェアラブルカメラ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント