太平洋戦争の岐路「ミッドウェー海戦」80年 負け確定だった日本艦隊 敗因は1週間前から

1942年6月に行われた日米の艦隊戦「ミッドウェー海戦」。艦船数こそ日本側が圧倒していたものの、索敵の不備などから日本側が大敗しました。「こうすれば勝てた」と言われることの多い海戦ですが、勝利の道筋はあったのか見てみます。

どうやっても「引き分け」止まりのミッドウェー海戦

 2022年6月は、太平洋戦争において日米の空母部隊が激突したミッドウェー海戦が起きてからちょうど80年の節目の年です。1942(昭和17)年6月5日から7日にかけて中部太平洋のミッドウェー島周辺海域で繰り広げられた死闘は、太平洋戦争のターニングポイントになったといわれることもあります。

 戦後、ミッドウェー海戦は旧日本海軍の慢心と情報軽視によって負けるべくして負けた戦いだと批判されることが多いです。一般には、「日本軍は索敵を軽視し、アメリカ海軍空母の発見が遅れた。ゆえに艦載機の装備を、爆弾から魚雷に兵装転換するなどで混乱が生じ、攻撃隊を発進させる前にアメリカ空母艦載機からの爆撃を受けた。その結果、日本空母4隻が沈んだ一方、アメリカの損害は空母3隻中1隻のみ」といわれています。しかし、この定説は妥当なのでしょうか。筆者(安藤昌季:乗りものライター)が各種情報から推察してみます。

Large 220606 midway 01

拡大画像

ミッドウェー海戦時、1942年6月4日に撮影されたアメリカ空母「ヨークタウン」(画像:アメリカ海軍)。

 ミッドウェー海戦を語った論説のなかで、よく知られるのは「運命の5分間」論ではないでしょうか。これは日本空母艦隊(南雲艦隊)から攻撃隊が発進しようとした時に、アメリカ急降下爆撃機の攻撃を受け、艦載機が誘爆して致命傷になったというもの。すなわち「あと5分あれば、結果は異なったかも」というものです。

 ただ、これに関しては、現代では第一航空艦隊の戦闘詳報に「攻撃隊の発進準備ができていなかった」と書かれていることや、当時アメリカ側が撮影していた航空写真などの解析から、日本空母の飛行甲板上に艦載機がなかったことで否定されています。

 これらについて筆者が思うところですが、南雲艦隊の敗北は、よく言われる「索敵の不備」とか「兵装転換の判断ミス」で生じたものではないというものです。

【満身創痍】白煙上げる日米の軍艦ほか

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

4件のコメント

  1. ゴリ押しで勝てるのに策士策に溺れるの典型ってのは痛いよね
    戦前に想定してたフィリピン沖海戦のアメリカ側そのままなんだから分散が、悪手なのはわかりそうなもんなんだが‥

  2. 果たして、この記事のように、米艦隊を壊滅させ、ミッドウェー攻略に成功したとしても、この島を占領維持するためには、多くの補給物資を海上輸送する必要がありました。当時の日本にそんな補給力があったのでしょうか?仮に、やれたとしても、この島に向かう多くの輸送船団が、アメリカ潜水艦隊の雷撃の前に、沈められてしまったのではないのでしょうか?自分には、山本五十六の構想通りに、アメリカ機動部隊を壊滅させたとしても、この島の維持や、ましてやハワイ諸島の軍事的攻略など、全くの絵空事にしか思えません。

  3. 「機体の」誘爆が主原因ではないでしょ。給油ホースや魚雷などの危険物がある程度安全な庫内から引き出した状態で空襲を受けたから被害が拡大した。たしか船体機能には大きな問題なかったものの火災が手をつけられ無くなったから放棄に至ったはず。だから、発進できていれば危険物が減って…という意味での運命の5分間なんじゃないの?その他は理解できるし同意もするけど。

  4. 当たり前すぎて草、基本的に先に敵空母を発見して艦載機を発艦させて空母を撃沈させて制空権を取るのが基本。制空権を取った時点で勝ちだし先に敵空母を発見した側が勝つ確率は非常に高いからこの記事は当たり前のことを記事にしただけ。
    本当の事言っちゃってごめんねw