マーヴェリック、アイスマン…『トップガン』キャラの“コールサイン”って何? 邦画では「ゴクウ」も

映画『トップガン マーヴェリック』のタイトル中にもある「マーヴェリック」。これはトム・クルーズ演じる主人公の本名ではなく「コールサイン」と呼ばれるものです。あだ名とも違うパイロットの愛称が用いられるワケとは。

本名とは別、コールサインを使うワケ

※※本記事はネタバレ要素を含みます※※

 スカイ・アクション映画の名作『トップガン』およびその続編『トップガン マーヴェリック』。これらアメリカ海軍の戦闘機パイロットを描いた作品中では、主人公トム・クルーズ演じるピート・ミッチェル海軍大尉は、本名とは別に「マーヴェリック」という名前で呼ばれ続けます。

 また彼に限らず、バル・キルマー演じるトム・カザンスキー海軍大尉も「アイスマン(原作はアイス)」と呼ばれており、他の出演者も「コヨーテ」とか「フェニックス」などといった、本名とは別の名前で呼ばれています。

Large 220812 tac 01

拡大画像

1988年当時、アメリカ海軍で現役だった艦上攻撃機A-7E「コルセアII」の編隊飛行の様子(画像:アメリカ海軍)。

 これらは「コールサイン」と呼ばれるもので、同じ飛行隊の隊内無線での会話で用いられる名前です。なお、アメリカ空軍や航空自衛隊などでは同様のものをTACネームと呼びます。彼ら(彼女ら)は、なぜ本名ではなく、このような「通り名」を用いているのでしょうか。

 それは、交信を敵に傍受されている可能性もあるので、本名で呼び合うのを避けるためというのが、おもな理由です。

 命名の基準は、本人の出身地、履歴上のエピソード、外観、性格など、さまざまなものからチョイスされます。たとえば主人公のコールサインである「マーヴェリック」の本来の意味は、焼印を押されていない所有者のわからない野生の子牛という単語ですが、ここから転じて、はぐれ者や一匹狼を指す言葉(代名詞)になりました。

 まさに初代『トップガン』でのトム・クルーズ演じるピート・ミッチェルのキャラにぴったりのコールサインだったといえるでしょう。

テーマ特集「『トップガン』の戦闘機大特集 F-14やF/A-18…徹底解説!」へ

【映画と同じだ!】F/A-18「ホーネット」のコックピット画像ほか

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. トップ・ガン
    マーヴェリックで
    「トップ・ガン」が乗る機体は
    性格に言えば
    F/A18E「スーパーホーネット」!!

  2. >>バル・キルマー演じるトム・カザンスキー海軍大尉

    いや、海軍大将ですよ。
    だから、基地司令の少将に横槍を入れることができたのですから。
    もしかして軍隊の階級をよく知らない?

    • それを言えばトムクルーズも、トップガンマーヴェリックの時代では大尉ではなくて大佐です。
      両者とも大尉と表現している以上、これはトップガンマーヴェリックの時の階級ではなくてトップガンの時の階級であり、両者とも大尉で間違っていないと思いますがどうでしょうか。

    • どうやら一番上の記事の紹介文読んでいない人いるようですので書きますね。

      「 映画『トップガン マーヴェリック』のタイトル中にもある「マーヴェリック」。これはトム・クルーズ演じる主人公の本名ではなく「コールサイン」と呼ばれるものです」

      重要な事なのでもう一度
      「映画『トップガン マーヴェリック』のタイトル中にもある」

      屁理屈で無印のトップガンの事をと屁理屈書いて人いるので再度書きます。

      「映画『トップガン マーヴェリック』のタイトル中にもある」

  3. BEST GUYは傑作だから絶対見てほしい。
    BEST GUY ゴクウも絶対作るべき。