3連休襲う台風「かつてないほど危険」 国が警戒するこれだけの理由 トラック横転の可能性 車も避難を

3連休中に日本列島を縦断しそうな台風14号に、国が最大級の警戒を呼び掛けています。その規模は、本州においては統計史上類を見ないというもの。「晴れているから大丈夫」「台風すぎたから大丈夫」といった考えも禁物だといいます。

特別警報の基準上回る“猛烈な台風”

 気象庁は2022年9月17日(土)、国土交通省と合同の会見を開催。3連休を襲う台風14号は18日明け方から夜にかけて九州に上陸、21日にかけて本州を縦断する可能性が強まったとして、「経験したことのないような暴風、高波、高潮、記録的な大雨のおそれ」と警告しました。政府は岸田首相の指示で早急な「避難」を働き掛ける対策本部を設置しました。

Large 220917 taifu 01

拡大画像

台風14号の大きな被害が出る前に設置された特別対策本部(中島みなみ撮影)。

 気象庁によると、台風14号は18日明け方に鹿児島県で暴風域に入り始め、同日夜にかけて接近、上陸する見込みです。中心気圧910hPa、最大風速55m/s、最大瞬間風速75m/sという猛烈な勢力です。

「この風速55m/sの風というのは、台風統計を取り始めてからという範囲で見ても、本州では類似する台風はない、というほど危険。最大級の警戒をお願いしたい」(気象庁 大気海洋部・黒良龍太予報部長)

 警報の発表基準をはるかに超える気象状況が予想され、災害級の警戒が必要な場合にはさらに一段警戒が必要な「特別警報」が発表されます。その基準の1つが中心気圧930hPa、風速50m/sですが、台風14号はそれを軽く超える猛烈な台風です。

九州上陸後の19日朝9時頃には、九州北部で中心気圧930hPa、最大風速45m/sと、やや勢力を下げると見込まれます(17日9時発表)。それでも非常に強い台風です。

 今後、大きく進路が変わらない限り、18日九州北部・南部地方では最大風速50m/s、最大瞬間風速70m/sを予想します。19日でも九州北部では40~50m/sと非常に強い風が予想され、さらに近畿、東海、関東への影響を強めます。

トラック横転の暴風を超える

 暴風は陸上輸送に大きな影響を与えそうです。走行中のトラックは平均風速30~35m/sで横転するとされます。感覚的には約140km/hに相当し、およその瞬間風速では50m/s。建物の外装材がはがれ、飛ばされる状況です。

 2019年9月9日に千葉県へ上陸した房総半島台風は最大風速(※最も強い風の平均値)35.9m/s、最大瞬間風速57.5m/sを観測しました。このときは住家全壊391棟、半壊4204棟、鉄塔2基、電柱1996本の倒壊などの被害が発生しています。

「2018年9月の台風21号が四国、近畿に上陸しましたが、大阪では住居の屋根がはがれたり、クルマの横転や、大型タンカーの関空連絡橋への衝突などが起きたりしています。あれより強いクラスの台風が九州に接近することになります。影響は広範囲、長期間にわたると考えます。備えが必要です」(黒良予報部長)

【東日本の大雨はいつから?】今回の台風の「ヤバさ」 画像で見る

最新記事

コメント