日本一豪華な昼行特急か 1両まるまる1個室独占「伊予灘ものがたり」に乗ってみた

JR四国の観光列車「伊予灘ものがたり」の2代目車両は、日本一豪華な昼行特急かもしれません。特筆すべきは、専属アテンダントも乗務する豪華な個室「フィオーレスイート」です。実際に体験してきました。

豪華さを売りにした列車は数あれど

 近年、豪華さを売り物にした列車が増えてきました。JR東日本「サフィール踊り子」や近畿日本鉄道「しまかぜ」、観光列車なら「えちごトキめきリゾート雪月花」、東急「ザ・ロイヤルエクスプレス」、JR九州「36ぷらす3」など。いずれも優れた空間を売りにしています。

Large 221029 iyond 01

拡大画像

観光列車「伊予灘ものがたり」。キハ185系気動車を改造し登場した(2022年10月、安藤昌季撮影)。

 その中で「日本一豪華な昼行列車」は「伊予灘ものがたり」ではないでしょうか。JR四国が松山~伊予大洲・八幡浜間で運行している3両編成の観光特急ですが、その1両に「フィオーレスイート」と呼ばれる個室設備が存在するからです。

 この個室は1両まるごと1室で占有しており、2~8人にて利用できます。「1両1個室」は超高額なクルーズトレインでも、JR西日本「トワイライトエクスプレス瑞風」の最高設備「ザ・スイート」のみ。これをグリーン個室料金2万8000円(運賃など別)で占有できるのですから、破格といえます。

「伊予灘ものがたり」は1日4回運行されているので、筆者(安藤昌季:乗りものライター)は今回、伊予大洲行き「大洲編」で一般席に、松山行き「双海編」で「フィオーレスイート」に乗車しました。なお「食事券」を購入すれば、全ての列車で食事を楽しめます。

「大洲編」は松山駅を朝の8時26分に出発。駅に待機しているところから音楽が流れ、プラットホームの雰囲気が非日常となります。側扉の前にはカーペットが敷かれ、豪華な感じです。

 車両のデザイン担当した、JR四国 営業部 ものがたり列車推進室長の松岡哲也さんによると、「先代『伊予灘ものがたり』と同じ茜と黄金の車体は、レトロモダンをコンセプトに継承した」のだそう。和のしつらえに洋風のデザインがお洒落です。

【豪華すぎるぞ!】コスパ最高な「伊予灘ものがたり」をイッキ見!

最新記事

コメント