東京⇔新函館北斗も1.6万 新幹線「半額」お先にトクだ値スペシャル発売 利用は2月中

東北・北海道、秋田、山形、上越、北陸の各新幹線に設定されます。

特定都区市内制度は適用されない

Large 220127 melody 01
青函トンネル(画像:photolibrary)。

 JR東日本は2023年1月から、新幹線の乗車券および特急券、グリーン券が半額となる「鉄道開業150年記念ファイナル 新幹線お先にトクだ値スペシャル」を販売します。主な対象区間と列車、金額は以下の通りです(いずれも大人1人片道、カッコ内は通常期のeチケットの値段)。

○はやぶさ
東京⇔新函館北斗:1万6050円(3万2100円)

○やまびこ
東京⇔仙台:7260円(1万4550円)

○こまち
東京⇔秋田:1万1440円(2万2890円)

○あさま
東京⇔長野:5890円(1万1800円)

 なお、グランクラスの対象区間と列車、金額は以下の通りです。

○やまびこ
東京⇔盛岡:1万1150円(2万2310円)

○なすの
東京⇔那須塩原:5610円(1万1240円)

○あさま
東京⇔長野:7470円(1万4950円)

 利用期間は、2023年2月15日(水)から28日(火)まで。乗車日1か月前の午前10時から20日前の午前1時50分まで購入できます。子ども価格の設定もあります。

 なお「お先にトクだ値スペシャル」では、横浜市内発着などいわゆる特定都区市内制度は適用されず、記載の発着駅を結ぶ路線内での利用に限られます。

【了】

【一覧表】そのほかの設定区間をチェック

最新記事

コメント