エコカーは中古が「真のエコ」? いま活性化する中古エコカー市場

いま中古車市場で、ハイブリッドカーや電気自動車が注目を集めつつあります。またエコカーは、中古で選んでこそ「エコ」と言えるのかもしれません。

ハイブリッドカーは“中古車でこそエコ”?

 近頃、「エコカー」が“クルマの話題”で中心になることも少なくありません。地球環境や資源をできるだけ大切にすることは、現代人に課せられた当然の心構えといえるでしょう。またそうした地球を想う「エコロジーな選択」は無駄が少なく経済的、すなわち「エコノミーな選択」の場合もあります。

 そんなエコロジーでエコノミーにもなり得る「エコカー」。中古車から選ぶと、よりエコロジーでエコノミーになるかもしれません。中古車は「製造時の環境負荷を伴わない」という点で、新車より「エコロジーでエコノミーな選択」と言うこともできるのです。

2009年に発売された3代目「プリウス」(写真提供:トヨタ)。

 さて「エコカー」というと、「ハイブリッドカー」というイメージを持っている人も多いことでしょう。トヨタ「プリウス」をはじめ、いまでは世界中のメーカーが様々な車種でハイブリッドカーを販売しています。

 信号や一時停止が多い(ストップアンドゴーの多い)交通事情の国では、停止中のアイドリングが無駄になるほか、停止状態からの加速で一番ガソリンを使用し、移動距離の割に排気ガスの有害物質も多くなります、そうした問題点を解決すべく、「従来のようにエンジンを持ちつつ、バッテリーとモーターも併せて積んで状況に応じて使い分ける」というのがハイブリッドカーでした。

 ハイブリッドカーは、モーターのおかげで化石燃料の使用量を減らせるため、大気汚染を抑えられるのは確かです。ただ高性能なバッテリーについて、製造時の環境負荷が小さくないのも事実。つまり製造時における環境負荷がバッテリーの分だけ余分なハイブリッドカーこそ、先に述べたとおり「中古車で選んでこそエコ」だといえるでしょう。

 そしていま、中古車のハイブリッドカーはオススメです。ここ数年、税制面での優遇もあって、新車のセールスを牽引してきたハイブリッドカー。現在、中古車の流通量が大変豊富になってきたのです。

 もともと中古車市場では、維持費の安いクルマのほうが人気が高い傾向があります。ハイブリッドカーも当然、すでに大人気でした。ただ、かつてはその需要に中古車市場での供給が間に合わず、かなり高値安定な状況が続いていました。

 しかし減税や補助金の後押しで多数販売されたハイブリッドカーがいま中古車市場に出回りはじめ、供給が増えて販売価格が落ち着いてきたのです。

「予算内で買えるクルマが経済的」ならば、言うことはありません。車種も昔は「プリウス」「インサイト」くらいでしたが、現在では色々な車種を選べます。「プリウス」次期モデルの噂も少しづつ聞かれるようになりましたし、代替えはさらに進むでしょう。中古車市場でもいま、「ハイブリッドカー」からますます目が離せなくなっています。

この記事の写真一覧

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 題名と内容が不一致では?