少ないマイルで「日本のどこか」へ 目的地はおまかせ JALが新サービス

JALと野村総合研究所が、通常の特典航空券に必要なマイルの半分以下で日本の「どこか」に行ける新サービス「どこかにマイル」を始めます。

行き先4候補のうちどこかに行ける

 JAL(日本航空)と野村総合研究所は2016年11月29日(火)、「JALマイレージバンク」の日本地区会員向けに新サービス「どこかにマイル」の提供を始めると発表しました。

マイルを使って羽田空港から日本のどこかに行ける「どこかにマイル」ウェブサイトのイメージ(画像出典:JAL)。

 出発日と時間帯、最大4人までの人数を指定すると、羽田空港を出発地とした行き先候補(国内空港)が4つ示されます。それがOKであれば交換で申し込み、3日後に候補から1空港が指定され、往復の特典航空券と交換できます。

 サービス開始は12月12日(月)午前11時から。必要マイル数は6000マイルで、これは通常の特典航空券の半分以下といいます。

 JALによると「どこか」の空港に行けるサービスは、日本の航空会社では初。「これまで特典航空券の必要マイル数に満たなかったお客さまの行機会を拡大し、地域活性化へのお手伝いをさせていただきます」としています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 161130_jaldokokani_01
  • 161130_jaldokokani_02
1 2

関連記事

最新記事

コメント