大阪環状線の新型車両323系、ついにデビュー! クリスマス限定の試みも

2016年12月24日、大阪環状線の新型車両323系が営業運転を開始しました。出発セレモニーには、鉄道タレントの斉藤雪乃さんも出席。新たな「大阪の顔」となるこの323系、いったいどんな車両なのでしょうか。

車両基地では出発セレモニー

 JR大阪環状線の新型車両「323系」が、2016年12月24日(土)に営業運転を開始。一番列車では、待ち構えた鉄道ファンなどが新車の乗り心地を味わっていました。

京橋始発の内回り列車で営業運転を開始した大阪環状線の新型車両323系(2016年12月24日、伊原 薫撮影)。

 運行開始に先駆けJR西日本はこの日、車両基地である吹田総合車両所・森ノ宮支所(大阪市城東区)で出発セレモニーを開催。同社の川井 正執行役員大阪支社長は「323系は3年前の本日スタートした大阪環状線プロジェクトの集大成ともいえます。未来に向かって、大阪環状線ならではの『ええサービス』が提供できるよう、これからも頑張ってまいります」と話しました。

 またゲストとして出席し、2016年6月に行われた323系電車の報道公開にも参加した鉄道タレントの斉藤雪乃さんは「カラーリングや座り心地、扉の取っ手など、細部までこだわりとプライドをもって作られた車両だと感じました。大阪環状線を長年支えてきた103系や201系に負けないくらい、愛される車両になってほしいと思います」とコメント。これまで323系のPR活動を行なってきた斉藤さんには、323系をイメージしたオリジナルシューズが贈呈されています。

森ノ宮の車両基地で行われた323系の出発セレモニー(2016年12月24日、伊原 薫撮影)。

 323系は運転士や車掌、駅、保線など大阪環状線に関わる各系統の社員およそ30名が見守るなか、ゆっくりと森ノ宮の車両基地を出発。京橋駅16時09分発の内回り普通列車として、営業運転を開始しました。

この記事の写真一覧

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント