新潟~八戸間で直通「東北新幹線開業35周年記念号」運転 大宮乗り換え不要で1往復

2017年7月9日~10日、旅行商品専用の「東北新幹線開業35周年記念号」が新潟~八戸間で走ります。

E5系10両を使用 7月に1往復

 JR東日本新潟支社は2017年5月16日(火)、新潟~八戸間に行商品専用の直通新幹線列車「東北新幹線開業35周年記念号」を運転すると発表しました。

 東北新幹線は1982(昭和57)年6月23日に大宮~盛岡間が開業し、今年で35周年を迎えます。これを記念し、今回、新潟~八戸間で、大宮乗り換え不要の直通列車が企画されました。

「東北新幹線開業35周年記念号」に使用されるE5系電車のイメージ(画像:JR東日本新潟支社)。

 車両は東北・北海道新幹線で「はやぶさ」などとして使用されているE5系電車10両(グランクラス営業なし)。7月9日(日)に新潟7時36分発、八戸12時43分着で、翌10日(月)に八戸13時53分発、新潟18時31分着の時刻で運転されます。途中停車は、燕三条、長岡、浦佐、越後湯沢、高崎、熊谷、新花巻、盛岡です。

 旅行商品は5社から発売。そのひとつ、JR東日本グループのびゅうトラベルサービスからは、花巻温泉(岩手県花巻市)や八戸(青森県)などに泊まる1日2日の個人旅行プランが登場します。値段は、新潟駅発着、普通車利用の場合、2万9800円~4万4100円(子供1万7000円~2万5600円)です。

 浄土ヶ浜遊覧三陸鉄道に乗る添乗員付きプランは、新潟駅発着で5万8800円~6万1300円(子供4万2000円~4万3500円)、八甲田山や十和田湖、奥入瀬渓流を巡る添乗員付きプランは、同6万300円~6万4400円(子供4万2500円~4万5000円)です。5月26日(金)から、新潟地区の「びゅうプラザ」や「ビュー予約センター新潟」で発売されます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

1 2

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. こんな小手先の芸やって何が変わるの?北陸新幹線も新潟かすめて最速列車停車しないし、他も本数少ないし、新潟県も建設にあたって支援したんじゃないの?