ルーツは都電? 都内を走る「赤バス」「青バス」、ルールないのに各社で見られるワケ

東京都内を走るバスの行先表示が、赤や緑の枠で囲まれていることがあります。どのような意味があるのでしょうか。

赤は最終、緑は各社バラバラのナゼ?

 東京都内ではおもに夜間、車体前面や後面上部にあるLED式の行先表示を赤や緑の枠で囲んだバスが走っていることがあります。

行先表示が緑の破線で囲まれる、最終1本前の都営バス(2017年6月、乗りものニュース編集部撮影)。

 JR中央本線の沿線を中心に路線バスを運行する関東バス(東京都中野区)によると、「赤は最終バス、緑はその1本前を意味している」といいます。

 一方、東急バス(同・目黒区)は、「赤は最終バスですが、緑は深夜バスに使っています」とのこと。京王電鉄バス(同・府中市)も同様で、表示のルールは各社で異なるようです。

 この赤もしくは緑の枠表示は、何に由来するのでしょうか。関東バスと同じく、最終バスを赤、その1本前を緑の枠で囲む都営バスを運行する東京都交通局によると、「かつての都電の名残」とのことです。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 巻き取り式の時は赤い蛍光灯か布地が赤だか忘れたけど最終を示す表示ありましたね、八王子辺りで回送表示に回送で申し訳ありません、何てのもありましたよ、

  2. 最終バスの赤枠は利用者にとっても大いに意味があると感じますが、最終1本前をわざわざ表示する意味って全く感じられません。逆に深夜バスは料金も倍額となるので緑枠は利用者にとっても判りやすく有益。
    各社主張がバラバラで統一は無理な実情なのでしょうが、利用者としては赤:最終バス・緑:深夜バスに統一した方が判りやすいと思います。国際興業さんの色枠が表示出来ないので「最終バス」表示とは・・・表示機を価格が安い機器導入しているって事?