自動車メーカー×IT企業、蜜月のワケ AIやコネクテッドと未開市場、そして「その先」

自動車メーカーとIT系企業が急接近しています。自動運転における技術開発はもとより、その先をも見据えた動きと見られます。各社はどのようなロードマップを描いているのでしょうか。

自動車メーカーとIT企業の提携が次々と

 近年、自動車メーカーとIT系企業とのあいだで、協力関係を締結するというニュースが増えています。

 2017年6月15日(木)、トヨタはLINE社との協業を発表しました。同社はまたマイクロソフトともWRC参戦で協力関係であり、互いに特許ライセンス契約を交わしています。そのマイクロソフトは、コネクテッドカー開発では日産とも提携。幅広く自動車業界へアプローチしています。

170624 it 01
トヨタはマイクロソフトとWRC(世界ラリー選手権)参戦で協力関係にある。写真はイメージ(画像:トヨタ)。

 一方、日産は上記マイクロソフトのほか、DeNAと自動運転技術を使った交通サービス開発で協力関係に。

 ホンダは自動運転技術の開発パートナーに、グーグルの傘下であるWaymo(ウェイモ)社(米カリフォルニア州)を選びました。ほかにもホンダは、東京赤坂に新設した研究組織「R&DセンターX(エックス)」でオープンイノベーションをうたっており、さまざまな企業や団体とのコラボレーションを示唆しています。

 このように、最近の自動車メーカーとIT企業の関係は、すっかり相思相愛と言えるようなもの。

 では、なぜ両者は急接近したのでしょうか。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170624 it 04
  • Thumbnail 170624 it 01
  • Thumbnail 170624 it 02
  • Thumbnail 170624 it 03

関連記事

最新記事

コメント