伏見稲荷駅、「千本鳥居をイメージできる駅」にリニューアル 京阪

京阪電鉄が、「伏見稲荷大社の千本鳥居をイメージできる駅」をコンセプトに伏見稲荷駅をリニューアルします。

トイレもリニューアル

 京阪電鉄は2017年6月28日(水)、京阪本線の伏見稲荷駅(京都市伏見区)をリニューアルすると発表しました。

170628 keihanfushimiinari 01
千本鳥居をイメージした朱色の列柱が配置された伏見稲荷駅の駅舎イメージ(画像:京阪電鉄)。

 伏見稲荷大社に近い伏見稲荷駅が今回、「伏見稲荷大社の千本鳥居をイメージできる駅」をコンセプトに改良されます。

 駅舎は朱色の列柱を配置。外壁は黒系の仕上げ材を用いて、朱色を際立たせます。ホームは現在の欄間(らんま)とキツネの意匠を継承しつつ、「参拝への期待感や参詣後の余韻を感じていただけるような意匠」(京阪電鉄)が施されます。

170628 keihanfushimiinari 02 170628 keihanfushimiinari 03 170628 keihanfushimiinari 04
現在の下り線改札口(画像:京阪電鉄)。
ホームリニューアル後のイメージ(画像:京阪電鉄)。
計画平面図(画像:京阪電鉄)。

 上下両ホームのトイレも面積が拡大されるとともにバリアフリー化。個室は全面洋式化され、女性用トイレにはパウダーコーナーが設置されます。

 工事は7月上旬に着手。完成は11月の予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170628 keihanfushimiinari 05
  • Thumbnail 170628 keihanfushimiinari 01
  • Thumbnail 170628 keihanfushimiinari 02
  • Thumbnail 170628 keihanfushimiinari 03
  • Thumbnail 170628 keihanfushimiinari 04

最新記事

コメント