伊勢崎線~日比谷線、新時代へ 東武の新型電車70000系が7月7日、出発進行!

東武スカイツリーラインと東京メトロ日比谷線との直通運転に使われる新型車両、東武70000系電車が営業運転を開始しました。東京メトロ13000系電車の“兄弟”ともいえる車両で、この登場により両線は大きく変わりそうです。

新車の登場で車両も進化

 東武鉄道の新型車両70000系電車が2017年7月7日(金)、営業運転を開始。東武スカイツリーライン(伊勢崎線)の北越谷駅(埼玉県越谷市)で、その一番列車の出発式が行われました。

 70000系の自動車内放送を担当したホリプロ所属の“女子鉄アナウンサー”久野知美さんによる司会で行われた式典には、東武鉄道のキャラクター「姫宮なな」のほか、東京メトロのキャラクター「駅乃みちか」も出席。運転士と車掌への花束贈呈、テープカットののち、70000系の一番列車は10時04分、中目黒駅(東京都目黒区)へ向けて同駅を発車しています。

北越谷駅で行われた東武70000系の出発式。キャラクターは左が東武の「姫宮なな」、右が東京メトロの「駅乃みちか」(2017年7月7日、中島洋平撮影)。

「『TJライナー』、新型特急『リバティ』、そして70000系と車内アナウンスを担当させていただくことになりました。直通運転している東京メトロ日比谷線内の行先もご案内しており、今回初めて、地下鉄区間の一部でもアナウンスを聞いていただけることになります。鉄道自動音声ならではの難しさがあるなかではありますが、ひとりでも多くの方に快適にお使いいただけるよう、いち鉄道ファンとして心を込めて読ませてもらいました。ぜひアナウンスにも耳を傾けて下さいますと嬉しいです」(久野知美さん)

 この70000系は、東武鉄道が東京メトロ日比谷線への直通運転用に導入した車両で、2017年3月に本格デビューした、日比谷線から東武スカイツリーラインに直通できる東京メトロの新型車両13000系電車と、基本的な構造を同じくしている“兄弟車両”なのが大きな特徴です。

「お客様にとってわかりやすく、使いやすい車両です。各ドア上に設置された3画面ディスプレイは多言語に対応しており、外国のお客様の利便性も考慮しています」(東武鉄道 都筑 豊鉄道事業本部長)

 車体の寸法や乗降用ドアの配置はもちろん、車いすやベビーカーの乗客に配慮し全車両へ用意されているフリースペースの位置も共通化。東武・日比谷線直通列車に乗ったとき、東武鉄道の車両が来ても東京メトロの車両が来ても、利用者は同じ感覚で乗車できます。仕様の共通化により、開発や製造にかかるコストも抑えられます。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. こりゃあ、駅やカーブといった構造物のかなりの部分が魔改造されてるな。でなけりゃ18mの8両対応の地下鉄に20m7両がすんなり走れるはずもない。

    • それに対応するための操舵台車という話もあるようです。なるべくコンパクトに曲がれるようにして、信号システムも地上信号から車上信号に変更することで信号機設置部分のスペースを車両限界に捻出したんだとか。

    • トンネルの再計測したら、信号やら標識やらの一部移設すれば20m車でも問題なしだったんだそうで、コンクリート削ったりはしてないらしい。東急はもっと早く(東横線と直通してた時代に)見直しかけて欲しかったんではなかろうか?

      操舵台車はあまり関係ないような。曲線のレールと車輪の角度を揃える為の装置でしかない。曲線部外側壁と車端・内側壁と車両中央が接触するかどうかは、トンネル幅が変わらなければ車両の寸法(長さ/幅/台車間距離)に依るはず。

  2. 20m7両なら東横線に直通しても問題ない。
    てか、東急は東横線の一部に8両編成の列車を7両にして日比谷線に直通。
    余剰された列車は10両編成に対応すれば東横線急行は10両増やせるし、日比谷線直通も増やせる。
    東武より東急が日比谷線直通をどう考えるか気になる。