高速道路脇の数字「キロポスト」、その役割とは? ひんぱんに現れるのにはワケがある

高速道路を走っていると路肩や中央分離帯に、数字が書かれた小さな標識「キロポスト」が断続的に現れます。この標識、高速道路では不可欠な存在だといいますが、どのような役割があるのでしょうか。

数字は距離を表す

 高速道路では、路肩や中央分離帯に、数字が書かれた小さな標識のようなものが断続的に設置されています。

170719 kilopost 01
高速道路の路肩には、数字が書かれた標識のようなものが設置されている。写真はイメージ(画像:写真AC)。

 これは、路線における起点からの距離を示す「キロポスト」と呼ばれるもので、たとえば「111.1」と書かれていれば、その場所が起点から111.1kmの距離にあることを示しています。なぜこれほどたくさん設置され、そしてどのような役割を課されているのでしょうか。NEXCO中日本に聞きました。

――キロポストは高速道路上にどれくらい設置されているのでしょうか?

 本線上では0.1km(100m)間隔、ICやJCT、ランプでは20m間隔で設置されています。

――キロポストのデザインに決まりはあるのでしょうか?

 0.1kmごとのものは白地に緑の数字、1kmごとのものは緑字に白い数字という標準的な仕様がありますが、たとえば200km地点や300km地点など、キリのいい番号では特別なデザインのものも設置されています。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170719 kilopost 02
  • Thumbnail 170719 kilopost 01

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. もともとキロポストは鉄道用語。それを道路用語に転用したもの。ちなみに少なくとも東名のキロポストには工事用の標識設置の支柱(上から標識を差し込むタイプ)が中央分離帯含めて設置されています。

  2. その非当事者からすると、事故・故障・落下物を発見した際の通報に役立つ。(いうまでもないが、運転手が運転しながら通報しないように)

  3. 参考画像は鉄道のじゃなくて記事中にも言及されてた100km単位のスペシャルキロポストにしてほしかった

  4. 一般道路(特に幹線国道)は都道府県によって設置のされ方がしっかりしているところとそうでないところとがある。その都道府県によって力の入れ方が違うのが面白くもあるが、できれば全県しっかり整備していただきたい。

  5. 余談でもう一つ。位置特定の手段として、照明柱に書いてある番号(首都高の場合は頭二桁、ハイフン、後ろ四桁の数字で、呼び方はポール○○-○○○○)や、橋脚付近で工事を行う場合は橋脚番号(例・Pi○○、呼び方はピア○○。数字の前に路線の頭文字あるいは記号がつく事が多いです)で呼ぶこともあります。普通のドライバーが使うことはまずないと思いますが、参考までに。

  6. ドライバーは意識してキロポストを見て欲しい。
    高速道路でトラブルで、今高速だけど何処かわかりません。
    上り?下り?何それ?ってドライバーもいますし

  7. 交通事故の発生個所を特定したり、交通違反の現認場所として切符に書かれるなど、警察は多用しているな。