フランクフルトはEV祭、ただしコンセプトばかり 直近数年、量販車の行方は…?

EVの陰に注目の量産モデル

 メルセデス・ベンツは、コネクテッド&カーシェアを体現する「スマートビジョンEQフォーツー」と、コンパクトEVの「コンセプトEQA」。EQはメルセデス・ベンツのEV専門ブランドで、すでにSUVの「EQC」が発表されています。

Large 170926 iaa 03
ドイツメーカーのなかでこれまでEV推進派筆頭だったBMWはEVコンセプトカー「iビジョンダイナミクス」を発表(画像:ドイツ自動車工業会)。

 そして、すでに「i3」というEVをリリースするBMWは、4ドアのスポーティなセダン「iビジョンダイナミクス」を発表。EVラインナップの拡大を示唆しています。

 ちなみに、今回のフランクフルトでは、ホンダもコンパクトEVである「アーバンEVコンセプト」を発表。2019年に欧州へ投入するとアナウンスしています。さらにジャガーのブースにはEVコンセプトの「i-ペイス」も展示されていました。

Large 170926 iaa 04
VWの新型エンジン車であるコンパクトSUV「T-ROC」と、ドイツのメルケル首相(右)(画像:ドイツ自動車工業会)。

 日欧の各自動車メーカーから、数多くのEVコンセプトが発表されたフランクフルトですが、一方で注目すべき量産モデルも、意外とたくさん発表されていました。

 VW(フォルクスワーゲン)はSUVである「T-ROC」を発表。同社の最小SUVで、欧州だけでなく、アジアや日本でもヒットが期待できる注目モデルです。さらに、今夏すでに欧州で販売が始まっている新型「ポロ」の高性能版、「ポロGTI」もお披露目しました。

この記事の画像をもっと見る(8枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 電気自動車は原発利権の物だと言える。
    その点ではパリ協定も原発利権協定なのは確かだし、天然ガス車でも充分だと言える。