「クラス最速」「タイプR」…帰ってきたホンダの顔、「シビック」45年の歩みとは(写真11枚)

オイルショックを追い風に クラス最速への道

 まずは、「シビック」の前史から。

 1950年代から60年代にかけてホンダはオートバイメーカーとして世界的な存在に成長しました。そして1963(昭和38)年に軽トラック「T360/T500」で自動車市場に参入。「N360」などのヒットもあり、軽自動車メーカーとして認められることに成功します。

 そうなれば、次に狙うは軽自動車の上の普通車。まずは1969(昭和44)年に空冷エンジンを搭載する「ホンダ1300」を販売します。しかし、セールスはいまひとつ。そこでホンダは、さらなる魅力的なモデルを投入するのです。

Large 171121 civic 02 Large 171121 civic 03 Large 171121 civic 04
1972年7月12日発売、初代「シビック 2ドア DX」(画像:ホンダ)。
1972年7月12日発売、初代「シビック 2ドア Hi-DX」(画像:ホンダ)。
CVCCエンジンのカットモデル(画像:ホンダ)。

 それが1972(昭和47)年にデビューした初代「シビック」です。エンジンは1.2リッター。のちに排気ガス浄化装置であるCVCCを搭載。CVCCは、「誰もクリアできないだろう」と噂されたほど厳しいアメリカの排気ガス規制「マスキー法」を、世界で初めてクリアする画期的なものです。また、時代は第一次オイルショックのさなかでしたが、小さくて燃費のよい「シビック」には追い風になり、大ヒットモデルとなります。ここでホンダの乗用車メーカーとしての基礎ができあがるのです。

 1983(昭和58)年には3代目となる通称「ワンダー・シビック」が登場。シャープな台形デザインが採用され、レースでも大活躍。スポーティで若々しいという「シビック」のイメージは、この頃から定着していきます。

Large 171121 civic 05 Large 171121 civic 06
1983年9月22日発売、3代目「シビック 3ドア ハッチバック23L」(画像:ホンダ)。
1987年9月9日発売、4代目「シビック 3ドア Si」(画像:ホンダ)。

 続く4代目の「グランドシビック」(1987〈昭和62〉年〜)もスポーツ路線をまっしぐら。最強モデルである「SiR」にはVTECエンジンを搭載。「『シビック』=クラス最速」というイメージが決定的になります。

ホンダ シビックの中古車情報

U00025779511 001l

排気量
1200cc~1800cc
価格帯
6.5万円~309.8万円

中古車情報を見る

ホンダ シビックタイプRの中古車情報

Uz0025782035 001l

排気量
1600cc~2000cc
価格帯
54.8万円~494.1万円

中古車情報を見る

ホンダ シビックセダンの中古車情報

Uz0025746827 001l

排気量
1500cc~2000cc
価格帯
17.9万円~279.9万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(11枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171121 civic 01
  • Thumbnail 171121 civic 02
  • Thumbnail 171121 civic 03
  • Thumbnail 171121 civic 04
  • Thumbnail 171121 civic 05
  • Thumbnail 171121 civic 06
  • Thumbnail 171121 civic 07
  • Thumbnail 171121 civic 08
  • Thumbnail 171121 civic 09
  • Thumbnail 171121 civic 10
  • Thumbnail 171121 civic 11

関連記事

最新記事

コメント