長い列車やICカード運賃、グリーン車も……東京の鉄道、ここにびっくり!

世界有数の規模といわれる、東京の鉄道網。首都圏の皆さんが何気なく使っている駅や電車も、関西人にとっては驚きの事実がいっぱいです。そんな“東京ならでは”の鉄道事情を紹介します。

「短い10両編成」は決して短くない

 東京で暮らす人々にとって、なくてはならない移動手段である鉄道。JR山手線に所属する29駅だけでも、1日当たり約531万人が乗り降りしています(山手線以外のJR各線を利用している人も含む)。

 他にも、東京メトロの輸送人員数は1日約724万人を数えるなど、東京都内の鉄道全体では延べ1000万人を超える乗客を、毎日運んでいることになります。

 ところで、ふだん東京の鉄道を使わない人にとっては、自分たちの地元との違いにびっくりすることもしばしば。そこで今回は、大阪生まれ・大阪育ちの筆者(伊原 薫:鉄道ライター)が見つけた、東京ならではの特徴を紹介します。

人と列車の多さに圧倒!

 まず、なんといっても驚くのが、鉄道を利用する人の多さです。冒頭にも書いた通り、東京都内だけでも膨大な数の人々が、鉄道を毎日利用しています。JR東日本で乗車人員が一番多いのは新宿駅で、その数は1日約77万人(2016年度。以下同じ)。JR西日本で最多を誇る大阪駅が1日約43万人ですから、その規模には驚きです。

 また、JR西日本で乗車人員が1日10万人を超えるのは5駅なのに対し、JR東日本ではなんと41駅。都心のターミナルだけではなく、周辺の駅まで利用が多いのも首都圏の特徴です。大阪だと、拠点駅から数駅離れれば車内に空席のできることがよくありますが、東京では「いつまでたっても一向に座れない」ということも。

Large 171219 kantou 01
15両編成で走る上野東京ラインのE231系電車。このうち2両は2階建てのグリーン車(写真出典:photolibrary)。

 さらにびっくりするのが、それらの乗客を運ぶ列車の長さと多さ。山手線は11両、京浜東北線は10両編成の列車が、ラッシュ時には約2~3分間隔でやってきます。湘南新宿ラインや上野東京ライン、常磐線などは、15両編成という長大編成も存在。駅で「次の列車は短い10両編成でまいります……」という放送を聞くたびに、「10両編成って、ぜんぜん短くないわ!」とツッコんでしまうのは、関西人の性でしょうか。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171219 kantou 03
  • Thumbnail 171219 kantou 01
  • Thumbnail 171219 kantou 02

関連記事

最新記事

コメント

10件のコメント

  1. 確かに段階で上がるバスの料金表見るとICと現金双方があるのも変だよね、まあ、高速料金もそうだし、こんなのが世の常になっちまってんだから今更にワラジなんて履けないよな

  2. まぁ、昔の113系全盛期の関西の東海道線快速もグリーン車があったから、その過去を知る「鉄」ならあまり言えないんじゃないのかな。(自分の場合は年齢的にも知っているがw)
    あと都市化が進むほど渋滞で車を利用しにくい環境になるから、鉄道両数は長くなって当然とも思う。普通に12両が走ってる関西人なら、15両が走ってる環境だったら10両を短いと言われても耳を通過すると思うよ。時々仕事で東京に行くが、JR在来線に行くと15両でも不思議じゃないほどハンパない利用者数だからね。

  3. 国鉄時代には大阪の普通にも一時期グリーン車があったものの、あまり受け入れられなかったらしい。

  4. グリーンの名に違わずエコロジー&エコノミーの様だな

  5. 関西圏で駅ナカ(改札内商業施設)は厳しいでしょうな。
    本文冒頭で駅の利用客数がケタ違い。
    つまり答えのようなもので、
    駅ナカ=ほぼ乗客
    な訳で乗客が少ないということは…
    まぁアホでない限りそゆこと

    ついでにグリーン車相当も大きくは増えんでしょう。
    特にJRは固定編成が組めること
    グリーン車担当の車掌配置に対する費用対効果。
    どちらも絶望的。

  6. 発車メロディをありがたがることはないと思うな。海外ではない国がほとんどだし。

    ホームが見える場所に住むと毎日聞かされて地獄ですし、車内の通話を禁止しているかなり珍しい国なのに、ホームでは音楽をかけまくりってのも妙なことになってしまっなと感じます。

    他にも駅の過剰なアナウンス、商店街の音楽、エスカレータの「坊っちゃんお嬢ちゃん」…

    音の使い方を間違えている
    音への思慮深さがない

    ある有名な小説家が書いたエッセーに出てくる、ヨーロッパから初めて日本に来た方の言葉です。

    賑やかな都会だからこそ、静かにできる場所は静かにしてほしいし、それが大人の国だと思います。

  7. ここには書いてないものの、東京圏の地下鉄相互乗り入れの方がすさまじい気もする。

  8. おかしいな。関東でもICカードの残高が初乗り運賃より低くても入場(降車駅でチャージしてから出場)出来るようになって久しい筈だけど。

  9. 気になるのは関西については民鉄のこと書いてあるのに、関東については民鉄のことほとんど記載していない。

    たしかに15両はJR東日本ばかりで関東民鉄は10両ですが運行本数はJRより多い。
    グリーン車はJRだけだけど、もともと特急がある小田急や西武は古くからJRのグリーン料金より安い通勤特急走らせているし、京急のウィングは定着してるし東武や西武のディアルシートのライナーも新潮流として動き出している。
    IC運賃は小田急なら藤沢や小田原まで適用されているし…

    この記事は取材不足感を感じます。記者はやはり関西びいきなのでしょうかね。

  10. 東京の電車がいつまでたっても座れない?
    嘘言わないで下さい
    京葉線沿線に住んでますが平日はラッシュ以外は対して混んでないので余裕で座れます。休日も舞浜出ると空席が出ます(ただしロッテの試合やイベントがある日は海浜幕張)
    山手線も東京~品川~渋谷~新宿~池袋は混みますがそれ以外では余裕で座れます
    メトロ全線でも主要駅過ぎると座れます
    本当に東京の路線全部乗ったのか疑わしいです