「青春18きっぷ」の旅、難関を打破する「ワープ」とは 特急にちょっと乗ればここを抜けられる!

「青春18きっぷ」で乗れるのは原則として普通列車ですが、区間によっては普通列車がほとんど走っていないことも。別料金を払い特急などに乗れば、そのような「難関」を乗り越えられる場合があります。

普通列車ゼロの特例区間以外にも「難関」が

「青春18きっぷ」はJRの普通列車が乗り放題になりますが、どんなに乗り放題でも、本数が少なければ使い勝手が悪くなります。実際、全国には普通列車の本数が極端に少ない「難関」がいくつかあります。

Large 180302 warp 01
大分・宮崎県境に近い日豊本線の宗太郎駅を通過する特急列車。2018年3月1日現在、普通列車は1日3往復(画像:photolibrary)。

 たとえば、石勝線の新夕張~新得間(北海道)は普通列車がゼロで、特急しか走っていません。また、かつては在来線だった青函トンネル前後の区間はいま、北海道新幹線になっています。これらの区間では、「青春18きっぷ」だけで特急に乗れたり、新幹線と第三セクター線に乗るための「オプション券」が販売されていたりします。

 ただし、このような特例があるのはごく一部の区間です。ほかにも、特急の本数は多いものの、普通列車の本数が少なく待ち時間が長くなりやすい、次のような区間もあります。

●石北本線 上川~白滝間(北海道上川町~遠軽町、37.3km)
・普通列車本数:2往復(うち1往復は特別快速「きたみ」)
・特急本数:4往復(白滝駅停車は2往復)
・特急の運賃・料金:1460円~

●室蘭本線 長万部~豊浦間(北海道長万部町~豊浦町、36.1km)
・普通列車本数:下り4本、上り5本
・特急本数:12往復(豊浦駅には停車せず、ひと駅苫小牧寄りの洞爺駅に11往復停車)
・特急の運賃・料金:1460円~(長万部~洞爺)

●日豊本線 佐伯~市棚間(大分県佐伯市~宮崎県延岡市、40.7km)
・普通列車本数:3往復
・特急本数:13往復(市棚駅には停車せず、4駅宮崎寄りの延岡駅に停車)
・特急の運賃・料金:1930円(佐伯~延岡)

 ※列車ダイヤや運賃は2018年3月1日(木)現在のもの。特急の運賃・料金は特記以外、普通車自由席。以下同。

 いずれも山岳地帯や県境付近などで人口が少なく、日中は普通列車がほとんど走らない区間です。こうした区間では追加で乗車券と特急券を購入し、特急を使ったほうが時間を節約できてよいかもしれません。このように「青春18きっぷ」の旅で少しの区間だけ特急を利用することは、鉄道ファンのあいだでは「ワープ」などと呼ばれます。

テーマ特集「【鉄道】永久保存版! 青春18きっぷ、はじめての使い方から「特例」ルールも。旅に役立つ活用法!」へ

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180302 warp 04
  • Thumbnail 180302 warp 01
  • Thumbnail 180302 warp 02
  • Thumbnail 180302 warp 03

関連記事

最新記事

コメント