陸自の「走るお釜」、「野外炊具1号」とは お腹も心も満たせる有事の最重要装備!?

【写真】「野外炊具1号」現行最新型は「22式改」

Large 180323 yagai 08
2012年に導入された「野外炊具1号(22式改)」(写真手前)。真ん中が「野外炊具1号」。一番奥が「野外炊具1号改」。見た目に大きな違いはない(菊池雅之撮影)。

この画像の記事を読む

テーマ特集「【ミリタリー】急げ、救え! 自衛隊「災害派遣」の現場にせまる!」へ

この記事の画像をもっと見る(8枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180323 yagai 08
  • Thumbnail 180323 yagai 01
  • Thumbnail 180323 yagai 02
  • Thumbnail 180323 yagai 03
  • Thumbnail 180323 yagai 04
  • Thumbnail 180323 yagai 05
  • Thumbnail 180323 yagai 06
  • Thumbnail 180323 yagai 07

Writer: 菊池雅之(軍事フォトジャーナリスト)

週刊誌カメラマンを経てフリーの軍事フォトジャーナリストとなる。安全保障をテーマに世界中を回り、週刊誌や専門誌等に執筆。最近ではテレビやラジオ出演、講演などもこなす。「イチから分かる自衛隊最前線レポート」(EX大衆・双葉社)、「最新国防ファイル」(夕刊フジ)など連載を多数持つ。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 自衛隊は自己完結型の組織と言っても後方支援体制が貧弱なのは明らかです。東日本大震災では招集された予備自衛官の給与支払いが大幅に遅延したとか。

    諸問題の解決に向けた地味な努力が必要だと思います。