噴火時も出動、陸自75式ドーザのひみつ 「頑丈、速い、力持ち!」を実現する工夫とは

【写真】前が後ろに後ろが前に、75式ドーザ 走行フォーム

Large 180425 75dozer 04
75式トーザは、作業時と走行時でその前後の方向を変える。履帯の形状や視界の確保といった点でメリットが生まれ、走行速度も最高45km/hを実現(柘植優介撮影)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(4枚)

【夏休み】お得な航空券ならエアトリ!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180425 75dozer 04
  • Thumbnail 180425 75dozer 01
  • Thumbnail 180425 75dozer 02
  • Thumbnail 180425 75dozer 03

Writer: 柘植優介(月刊PANZER編集長)

創刊40年以上を誇る老舗軍事雑誌(http://www.argo-ec.com/)の編集人。子供のころから乗り物全般が好きで、車やバイクはもちろんのこと、鉄道や船、飛行機、はたまたロケットにいたるまですべてを愛す。一時は自転車やランニングシューズにもはまっていた。

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. これの後釜として施設作業車が開発されたけど、芳しくない話も聞こえてきて残念。
    75式が再生産されたり。