知られざる「連続乗車券」 「片道」でも「往復」でもないきっぷのメリットは

旅行できる日数が増える?

 片道乗車券のあるルールとは、原則として「一度通った駅までしか発売できない」というものです。

 たとえば、東京から青森方面を旅行するとしましょう。往路は東北新幹線を利用、復路は日本海側の在来線(羽越本線など)を回って新潟から上越新幹線に乗り継いで東京へ戻ることにしました。この場合、経路は東京→新青森→新潟→東京と1本のルートになりますから、「東京都区内から東京都区内まで(東北、羽越、上越線経由)」の片道乗車券を買う必要がありそうです。

 しかし、実際は上越新幹線で大宮まで戻ってきたところで東北新幹線に合流し、「一度通った駅」にぶつかります。このため「東京都区内から東京都区内まで」の片道乗車券ではなく、「東京都区内から大宮まで」の片道乗車券と、「大宮から東京まで」の片道乗車券に分けて買わなければなりません。

 しかし、この「東京都区内から大宮」までと「大宮から東京まで」は、ルートとしては「連続」しています。そこでJRが発売しているのが連続乗車券。片道のルートが連続している場合に限り、2枚の片道乗車券を連続乗車券としてセット販売しているのです。

 連続乗車券は往復乗車券と異なり、どんなに長い距離の区間でも運賃が割引になることはありません。ただ、有効期間は1枚目の乗車券と2枚目の乗車券を合わせた日数になるというメリットがあります。

 たとえば、1枚目の片道乗車券の有効期間が3日間で、2枚目の片道乗車券が4日間だった場合、1枚目のルートでは3日を超えて利用することができません。途中の観光地に立ち寄って泊まりながら、ゆっくり進むといった行程を組むことが難しくなります。

 しかし、この2枚の片道乗車券をセットにした連続乗車券として購入すれば、有効期間は7日間になります。全体の有効期間が増えるわけではありませんが、1枚目のルートでは6日間かけてゆっくり進み、2枚目のルートは1日で一気に進むような行程を組んだりすることもできるわけです。

 このほか、旅行開始前の払い戻しは通常の片道乗車券2枚で440円ですが、連続乗車券なら1枚分(220円)で済みます。また、学生向けの割引制度を使ってきっぷを買う場合、学校が発行する割引証(学割証)を提出しなければなりませんが、片道乗車券2枚なら学割証が2枚必要なのに対し、連続乗車券は1枚で済みます。学校によっては学割証の年間発行枚数を制限しているところもあり、このような場合は学割証を節約できるというメリットがあります。

 なお、3枚以上の片道乗車券に分かれるルートは、連続乗車券としては購入することができません。このような場合、それぞれの区間で片道乗車券を買うか、連続乗車券と片道乗車券を組み合わせて購入する必要がありますから、注意しましょう。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

8件のコメント

  1. 記事の書き方が非常にわかりにくい。
    パッと見、『東京都区内~大宮』と『大宮~東京』て同じじゃない?と誤認する。
    切符マニアにいわせたら『東京都区内と書かれてる時点で、長距離切符だから云々』というだろうが、『連続乗車券』を知らない人(切符に詳しくない人)むけの説明なんだから、もうすこしわかりやすくすべきじゃないかと思うな。

    • 記事を読むと、連続乗車券2枚のそれぞれに印刷されている経路の合計距離に対して運賃が計算されるのかと思ったけど、乗車券の写真を見ると各券の距離に応じた運賃2つを合算するのですね。

  2. こういう普通きっぷも、ごく近々のうちに買えなくなるんだろうな。

  3. 写真の券面と地図にある連続乗車券ルート(赤い線)が全然違う場所だ。これは分かりにくい、

  4. 2,3年前に蒲◯駅へ連続乗車券を買いに、みどりの窓口に行った事があるが、窓口の女性担当氏は連続乗車券自体を知らずに買えなかった。その方は、調べもせず、そんな切符やルールはありませんという応対でした。
    仕方なく周辺の駅に行き連続乗車券をお願いしたが、連続乗車券を知っている窓口氏はいらしたが、マルスの発券操作方法がわからず、結局買えなかった。
    打開策として、1週間程度の預かりを提案されましたが、時間がなく片道乗車券+途中下車して乗車券買い直しの組み合わせにせざるを得ませんでした。

  5. 連続乗車券そのものを知らない窓口担当者います。単純に片道乗車券二枚出してお茶を濁そうとする。
    時刻表のピンクのページすら理解してないような、基本的な業務スキルのない窓口でどうするのかな。

  6. JR西日本エリアの駅から新大阪迄行く際に学割証に丸しました。
    でも片道切符だと駅員に言われました。

    八本松駅~広島駅・・・在来線
    広島駅~新大阪駅・・・新幹線

    新幹線の区間が100キロメートル超えているし、折り返す行路だったんですが・・・
    駅員が言うには「最初に新幹線が来て経由地で折り返すような形で在来線に乗り換えかつ、線区が2線区以上乗車・且つ新幹線か在来線のどちらかの区間が100キロメートルを超える場合学割切符が使える」とのことでした。
    ただ、駅員によっては説明に差が出てしまうので、注意した方が良いでしょう。

  7. 説明分かりにくい
    広告が多くてうざい
    独りよがりなだけのサイト