F-15Eが完全無欠のワケ 不敗の空戦能力+先進の対地能力は22世紀の空も飛ぶ?

卓越した空戦能力に、先進の対地能力。約束された成功のもと誕生したF-15E「ストライクイーグル」はこの30年間、期待どおりの強さを発揮し、いまだ量産が続けられています。その「最強」たる理由の一端を解説します。

対空も対地もハイレベルな万能機

 今年2018年、アメリカ空軍の戦闘爆撃機ボーイングF-15E「ストライクイーグル」が1988(昭和63)年の配備から30周年を迎えました。「戦闘爆撃機」とは戦闘機としての空中戦能力を持ちつつ対地攻撃用の爆弾やミサイル搭載能力を付加した機種であり「戦闘攻撃機」とも呼称します。

Large 180628 f15e 01

拡大画像

離陸するF-15E「ストライクイーグル」先進的な対地攻撃センサーを操作するため後部座席に専任の兵装システム士官が搭乗する。(関 賢太郎撮影)。

 実のところ全く爆弾を搭載できない戦闘機というのはほとんど存在しないので、あらゆる戦闘機が戦闘爆撃機たりえますが、たいていの機は空中戦寄りの性能であったり、対地攻撃を重視したりと、得意とする分野を持っています。

 しかしF-15Eは違いました。30年前の実用化当時、空中戦、対地攻撃どちらにおいても比類なき高性能を有し、まさに完全無欠の万能機として誕生しました。

 まずF-15Eの空中戦能力はその原型機であるF-15「イーグル」によって担保されています。F-15は2018年現在、空中戦でただの一度も敗北することなく、100機以上の敵機を撃墜した記録を持っており、その空戦能力はほぼそのまま引き継がれました。また一時的にF-15Eの方が優れていたこともあり、F-15に対してF-15Eと同等の電子機器を搭載し空戦能力を引き上げる改修が行われたこともあります。

 そしてなによりF-15Eの真髄は対地攻撃能力です。原型機F-15から燃料タンクや兵装搭載量の増設/増量が行われていますが、こうした機体のメカニズムもさることながら、既存の戦闘機よりもはるかに優れる電子機器を搭載し、時代を超越した照準能力を与えられた点がより重要であると言えます。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180628 f15e 03
  • Thumbnail 180628 f15e 01
  • Thumbnail 180628 f15e 02

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 第五次中東戦争は空が割れる!

  2. 百歩譲って大量に生産されたF16ならまだしも、さすがに高価で生産数の少ないF15Eが22世紀も現役で飛び続けることはありえないのでは?