線路への転落を既設の駅構内カメラで自動検知 東急が新システムの運用を開始

東急電鉄が鷺沼駅で「転落検知支援システム」の運用を正式にスタート。既設の駅構内カメラを活用し、ホームから落ちた人を自動的に検知して通知します。

早期の対処が可能に

 東急電鉄は2018年8月8日(水)、駅構内カメラを活用し、ホームから線路に転落した人を自動的に検知して知らせる「転落検知支援システム」を正式導入したと発表しました。

Large 180808 tokyutenrakukenchi 01
ホームから線路に転落した人を自動的に検知して知らせる「転落検知支援システム」の仕組み(画像:東急電鉄)。

 2017年11月から田園都市線・鷺沼駅(川崎市宮前区)の上り3、4番線で実証実験が行われてきましたが、今回、同駅で正式に運用が開始されました。

 このシステムは、パナソニックの画像解析技術を鉄道環境に応用し、既設の構内カメラの映像をリアルタイムに解析するものです。ホームから転落した人や、転落しそうな人などを自動的に検知し、駅務室などの監視端末に検知映像とともに発報、通知します。パナソニックは画像解析技術の提供のみを行い、運用とデータ管理は東急電鉄が行います。

 東急電鉄によると、従来の転落報知器と違い、何を検知して発報したかを画像で確認できるため、事故の可能性を見取って、早期に対処できるといいます。

 システムは、8月8日(水)から開始し、毎日21時から終電まで運用。同社は、鷺沼駅での運用状況を踏まえて、今後を検討していくとしています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180808 tokyutenrakukenchi 02
  • Thumbnail 180808 tokyutenrakukenchi 01

関連記事

最新記事

コメント