北海道地震、主要交通機関の状況 2018年9月7日18時30分現在

2018年9月6日未明に発生した「平成30年北海道胆振東部地震」に関し、道内の主要交通状況をまとめました。

道南いさりび鉄道は7日夜に再開予定

 2018年9月6日(木)午前3時8分に発生した「平成30年北海道胆振東部地震」について、7日(金)18時30分現在の北海道内各主要交通機関の状況は以下の通りです。

Large 180907 hokkaido3 01
「平成30年北海道胆振東部地震」は9月6日午前3時8分ごろ北海道胆振(いぶり)地方東部を震源として発生、最大震度7を記録した(国土地理院地図を加工)。

鉄道

●JR北海道
 北海道新幹線は運転を再開。千歳線は札幌~新千歳空港間で快速「エアポート」を1時間あたり2本程度(18時台は1時間に4本程度)運転。函館本線は17時から新函館北斗~函館間で「はこだてライナー」の運転を再開。宗谷本線は19時から旭川~名寄間で普通列車の運転を再開予定。在来線特急列車は7日(金)は終日運休。

 千歳線の南千歳~沼ノ端間で軌道変位や盛土亀裂、石勝線の南千歳~清風山信号場間で軌道変位、沼ノ沢~清水沢間で倒木がそれぞれ確認されています。車両の脱線は旅客、貨物とも発生していません。

●札幌市交通局
 市電、東西線、南北線、東豊線とも運転を再開しています。

●道南いさりび鉄道
 木古内20時21分発・函館行き、函館20時23分発・上磯行き、函館21時32分発・木古内行きから運転を再開予定。

●函館市企業局交通部(函館市電)
 運転見合わせ。

航空

 新千歳空港は7日(金)午前10時から国内線ターミナルビルをオープン、これを受けJAL(日本航空)、ANA(全日空)など各航空会社は新千歳空港発着便の一部運航を再開しました。なお、国際線ターミナルビルは閉鎖が続いています。

 そのほかの道内各地の空港は、とかち帯広空港や根室中標津空港、女満別空港などで一部欠航が出たものの、ほぼ通常どおりの発着便が運航され、加えて、地上の交通機関の乱れを受け臨時便も運航されました。ただし、空港へ連絡するバスなどに停電の影響などによる運休が見られました。空港から先、あるいは空港までの交通手段について確認が必要な状況が続いています。

高速道路

 NEXCO東日本管轄の高速道路は7日(金)14時に通行止めなどの規制がすべて解除されました。なお、日高道の厚真IC~日高厚賀IC間は通行止めが続いています。

※ ※ ※

 各交通機関を利用する際は、最新の情報を確認してください。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180907 hokkaido3 02
  • Thumbnail 180907 hokkaido3 01

関連記事

最新記事

コメント