昼間もヘッドライト一部点灯「DRL」普及なるか 欧州では装着義務、日本でも必要?

日中でも常時点灯するDRL(デイタイムランニングライト)が、輸入車を中心に日本でも増えています。欧州などでは装着が義務化されており、基準のなかった日本でも2016年に認められました。国産車では今後、増えていくのでしょうか。

日本では2016年「解禁」

 昼間にヘッドライトの一部を点灯している車が増えてきました。ただし、バイクや一部のバス、タクシーなどのように前照灯を点灯させるのではなく、前照灯の周りに配置されたスモールランプが点灯するというものです。

Large 181004 drl 01

拡大画像

DRLを点灯させているアウディ「Q8」(画像:アウディ・ジャパン)。

 これはDRL(デイタイムランニングライト)などと呼ばれるもので、日本では2016年に「昼間走行灯」として「解禁」されました。欧州各国や北米では、日中のヘッドライト点灯が義務とされており、EUでは2011(平成23)年から、前照灯などとは別個にDRLの装着も義務化されていましたが、日本ではこのランプに関する基準がなかったのです。

 EUの基準ではDRLの明るさは「400カンデラ以上」ですが、解禁前の日本ではこのランプは「その他の灯火」として扱われ、明るさが「300カンデラ以下」に制限されていました。このため、並行輸入車などではこの機能を有していても、日本では認められていないことから、無効化あるいは減光されるケースがありました。

「日本でもつけられたらいいな、という議論が以前からありました。欧州では安全性を高める装置としてだけでなく、クルマの個性を出す要素として扱われており、逆にいえば、DRLが機能することでクルマ本来のデザインが完結されます」

 このように話すのは、アウディ・ジャパンの担当者。日本での法令改正を受けて同社は2017年8月、このDRLを日本向けの全モデルに標準装備すると他社に先駆け発表、直後にBMWもこれに追随して全モデル標準としていくと宣言しました。こうしたこともあり、輸入車を中心にDRLを点灯させて走るクルマが増えているのです。

 日本の保安基準で「昼間走行灯」は、日中にほかの交通からの視認性を向上させ、かつ、その光がほかの交通を妨げないものとして「照明部の大きさが25平方センチメートル以上200平方センチメートル以下」「ライトの光度が1440カンデラ以下」「ライトの色は白色」といった条件や、取付位置などに関する規定が定められています。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181004 drl 03
  • Thumbnail 181004 drl 04
  • Thumbnail 181004 drl 01
  • Thumbnail 181004 drl 02

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 実測したら車検場のテスターじゃダメ出し食らわされそうですね
    規準は満たしていても全国の検査法人のテスタも中々最新のテスターに入れ換えが進んでないようで、検査官の手動の元に合格を出すのも限界じゃないでしょうか?
    特にLEDライトだと光の散乱と言うところで×が出たり、実際そんなことないのですが難儀していたようですね。
    最近問題視されたメーカー出庫の完成検査問題など、ここ一番の切り替え時ではないでしょうかね

  2. 営業担当者には「安全性(視認性)向上」よりも「見た目(外観スタイル)の個性化」でしかないんですね。残念。